jump to navigation

まるこが来たよ☆ 2008年 5月 25日

Posted by yukialice in アリーチェ, ロミー, 友だち, 会話.
add a comment

友達がめっちゃ少ない我が家ですが、
今日は我が家にスペシャルゲストをお迎えしました〜。
ゲストがスペシャルなのではなく、頼みごとが
スペシャルなので、スペシャルゲストと相成った訳です。
こちらが、スペシャルゲストのマルコです。
Sany0005
私はまること言えば、ちびまる子か「母を訪ねて三千里」の
マルコしか、思いつきません。
でも、こちらのマルコは男なので・・
「ね〜、お母さん見つけるために、三千里は
      大変だったよね〜?」
と、唐突に質問すると・・
「は〜?ウチの母ちゃんだったら、
        ウィーンにいるけど」
「え〜〜っ、あんた、お母ちゃん、
      探さなかったん?」
「だって、ウィーンにいるし」
「え〜〜〜っ、あんたもしかして、
    『母を訪ねて三千里』知らんの?」
「知らんけど? 何それ?」
で、説明してあげましたよ。
「そうなんだ〜、ぼくの世代はそんなん、知らんわ」
(マルコ、現在23歳と6ヶ月)
てめ〜、地雷踏みやがって〜と、拳を握りしめましたが、
先にも申したように、今日は彼に、とっても大事な
頼みごとがあったので、笑ってスルーですよ?
でもね、その頼みごとつーのが、とても切り出し辛い
ものでしてね。主人も私もなかなか、
本題に入れなかった訳ですよ。
そうこうするうちに、4時間ほど経過しました。。
(夕飯とかも食ったよ)
でも、依然として主人もマルコも世間話&
コンピューターの話から離れられないようです。。
これじゃ、いつまでたっても埒が明かねぇ〜ぜ〜
と言う事で、
主人が、用事でちょっと席を離した空きに・・
「あのさ〜、実はさ〜、今日はあんたに
折り入って、頼みがあるんだわさ〜」
と、私が切り出すと・・
「何? 何? ぼくにできる事だったら、
    何でも言ってくれていいよ!」
と、言うではありませんか!
「あんた、そんなに簡単に人の頼み、
聞いちゃいけねぇよ、私が今からどんな頼みを
  するかも知らんのにさ〜」
「へ〜、どんなんだろ? でも、
ぼくにできる事だったら何でもやるから、 
   言ってみそ!」
「あっそう?じゃあ、言わせてもらうけんどよ、
××に、××するんだけど、その間、
   あんたに××して欲しいんだよ」
「な〜んだ、そんなこっただか?
 お安いご用だベ、おいらが引き受けっから、
             心配すんな」
「まじ〜〜〜?めっちゃ、嬉しいわ〜、
あんがと〜、あんがと〜、このご恩は一生、
        忘れんけんね!(多分)」
という感じで、一件落着!
今日から枕を高ーーーくして、眠れますわ。
とっても、厚かましくて、 
簡単に了解してくれるような頼みごとじゃ
なかったので、こんなにすんなり
OKサインが出るとは、予想だにしませんでした。
    家族中、みんな大喜びです。
マルコ、ばんざ〜〜い!ばんざ〜〜い!ばんざ〜〜い!
iPhoneで遊ぶマルコとアリーチェ。
Sany0009
あんたら、何気にイタリア人の名前だね〜。
これが日本のまる子よ!
Sany0010
マルコが
Sany0011
まる子を読む?
頼みごとをする前は、
ただのコンピューターヲタだったのに、
頼みごとを聞いてくれた後は、名実ともに
スペシャルゲストに豹変[E:sign03]
まぁ、本当にこんなにすんなり、頼みを聞いてくれる
とは、思わなかったので、彼が帰った後は、
家族みんなで、タコ踊りを踊って、祝いました。
この頼みごとはそのうち、公表しますね。
その間は、××に好きな言葉を入れて、
  楽しんで下さい。
Banner_02
押して下さると、
マルコがあなたの頼みも聞いちゃいます!