jump to navigation

クッキーさんと、ウィーン観光☆ 2008年 8月 21日

Posted by yukialice in アリーチェ, ウィーン, EOS KISSX2, 頂き物.
add a comment

昨日は、マリンさんのお友達のクッキーさんと一緒に
ウィーンの街を観光しました。
写真もいっぱい撮ろうと、勇んで出かけたのですが
今日はあいにくの曇り空で、撮影には最悪の天候。。
Img_1647
シュテファン寺院の屋根の美しさが披露できなくて残念。。
肌寒い陽気で、アイス屋さんも商売上がったりですね。
Img_1648
暑い日は行列が出来るのに。。
どうしてウィーンの観光地にドイツ軍が??
Img_1650
良く見たら、手にはガイドブックとカメラも。。
軍服姿で観光とは。。
この出で立ちで、カフェやレストランに入ったりする訳?
少し散策した後は、デーメル(音が出ます)で
美味しいトルテと共に、休憩しました。
Img_1655
アリーチェはチョコムーストルテ、クッキーさんは
アプフェルシュトゥルーデル(ウィーン風アップルパイ)を
注文されました。東京にもお店があるデーメルですが、
ここはいつも込んでます。。
一階にある厨房では、ケーキを作る工程も見学できます。
Img_1657
ザッハーは高級感だけが先走りしているので、庶民派の
私はいつもデーメルに来てしまいます。
ウェイトレスの人も、デーメルの方がフレンドリーですよ。
デーメルを出るとすぐに王宮の入り口、
ミヒャエル広場があります。
Img_1659
ミヒャエル広場を抜けると左手に見えるのがスイス宮。
Img_1661
13世紀に建てられた王宮最古の部分。
マリア・テレジアの命令で、スイス近衛兵が王宮の
警備についていたことが所以で付いた名前。
この門を抜けると、ウィーン少年合唱団がミサをあげる
礼拝堂があります。
こちらは新王宮。
Img_1663
中は民族博物館、狩猟・武器・古楽器コレクション等が
連なります。
王宮を出てると、美術史美術館がそびえます。
Img_1668
以前、内部を記事に載せたのですが、覚えてますか?
こちらは国会議事堂。
Img_1673
1883年に、デンマーク人のテオフィル・フォン・
ハンセンによって造られ、民主主義の発祥の地である
アテネにちなんで、ギリシャ神殿風にデザインされた。
ここまでは、一区の旧市街をご覧頂きました。
ここから地下鉄の4番線に乗って10分くらいの
場所にある、シェーンブルン宮殿を訪ねました。
Img_1683
正門側からのシェーンブルン宮殿。
こちらは裏手の庭園側から見た宮殿。
Img_1701
花壇の手入れは、いつ来ても完璧です。
こちらは宮殿と向かい合って建つ、グロリエッテ。
(高さ約20M、幅約80M)
当時、亡くなった臣下を追悼するために造られた。
Img_1703
グロリエッテまでは歩いて20分ほど掛かります。
中はカフェもあり、ウィーンの街を一望できる最高の
休憩スポット。
庭園の周りは、木々に囲まれています。
Img_1737
観光客だけではなく、ジョギングや散策に訪れる地元の人も
多く足を運びます。
クッキーさん&アリーチェ。
Img_1744
晴れていたら、もっと良い写真が撮れたはず。。
(建造物に関するコメントは「地球の歩き方」を参照)
この後は、我が家に来て頂いて、夕飯をご一緒しました。
クッキーさんは中学時代からのマリンさんの親友で、
今でもお互いの家を行き来したり、食事にも良く
一緒に行かれているとのことでした。
明るくて、とっても親切な大和撫子さんでしたよ?
このブログを初めてまだ数ヶ月ですが、ウィーンでも
ブログの読者の方にお会いできて、本当に幸せです。
マリンさんへ
アリーチェへのたくさんの素敵すぎるプレゼント、
ありがとうございました。m(_ _”m)
また、追々、写真を載せますね。
☆今日のオマケ☆
Img_1753
クッキーさんからのお土産です。
これ以外にもたくさんの日本食を頂きました。
抹茶好きのアリーチェのために、お気遣い頂きまして、
ありがとうございます。(o_ _)o))
ちなみに、右のゆかりは私の大好物なので、
一人でこっそり食べちゃいますよ?
今日は写真を沢山載せたので、
「にゃんちゃってキャメラマン、ゆき」はお休みします。
シェーンブルンの庭ってウチの庭とそっくりだわ!
と、思ったあなたも!
Banner_02