jump to navigation

今朝のアリーチェ☆ 2009年 1月 21日

Posted by yukialice in あいさつ, アリーチェ, ブローニャ, ロミー, EOS KISSX2.
7 comments

今朝の気温はプラス[E:two]度です。[E:happy01]
昨日の午前中は晴れ間もあり、日中の気温はずっとプラスでした。
では、今日もマグ☆ロミ☆アリで、いってみよ〜。
Export_001_4
このマグは、近所のスーパーで1€で投げ売りされていたのを、
思わず買ってしまいました。[E:coldsweats01]
マグの中はピンクグレープフルーツフレーバーの紅茶です。
おっと、これはバトル勃発か[E:sign02]
Export_002_6
と思いきや、ぶろちゃんは早々と、お気に入りの箱に入ちゃっいました。[E:catface]
朝、出かける時間に気温がプラスだと、送り出す方も気分が楽ですね。[E:note]
Export_003_5_2
今日は[E:school]は3時までだね。気をつけていってらっしゃい。[E:paper]
アリーチェはもうすぐ誕生日なのですが、思い掛けないびっくりこくようなモノを
[E:present]にねだられたのです。[E:shock]
それに本気でハマると、ボンビーな我が家ではサポート出来ないような代物です。
何かに目覚めてくれるのは、親として嬉しい事なんですけどね。。
では今日の〆も、箱にハマってるブロちゃんにお願いしましょう。
Export_004_6
「アメリカのファーストレディ、ミシェルさんによると、
 わたくしの目の色は希望の(黄)色なんですってよ?
 わたくしって、知らないうちに希望をふりまいていたワケね?」 
そ、そういう事になりますよね。[E:coldsweats01]
皆々様も、素敵な一日をお過ごし下さいませ。
Banner
2連ポチリ、よろしくにゃのだ!
にほんブグ村 猫ブグ シアンブルーへ

 
 

キャットショー☆ 2009年 1月 21日

Posted by yukialice in アリーチェ, EOS KISSX2, 友だち.
7 comments

先週、ブローニャのブリーダーさんからキャットショーがウチの近所であるので、
よかったら来ない?とのメールを頂いて、この前の日曜日に行ってきました。[E:car]
会場はウィーン空港がある町、シュヴェッヒャートの小さなホールでした。
ウチからは車で5分と掛からない場所です。[E:scissors]
会場に着いてウロウロしていると、審査を終えたばかりのロミーのブリーダーさんと遭遇。
Export_008_1
抱っこされているのは、ロミーの弟です。[E:catface] ソックリ
こちらは審査中の、ターキッシュアンゴラ。
Export_007_3
「わたし、ちゃんとやったわよ!」
なーんて、言ってるみたいですね。[E:wink]
1匹づつの審査が終わると、同じ種類を集めて総評が言い渡され、
この中で一番の高得点を得た猫ちゃんが、最後に発表されます。
Export_001_4_3
この中では、右から2番目のストライプ模様のセーターを着たおばさんの猫ちゃんが、
高得点をマークしました。[E:pass]
私、猫ちゃんの種類には、さほど詳しくないのですが、これはラグドールでしょうか?
ブリーダーのみなさん、とっても真剣な表情ですね。
Export_005_2
これはメインクーン?ノルウェージャン?[E:coldsweats01]
そして、このショーで一番の脚光を浴びていたのは、この5つごちゃん。
またしても、種類分からず。[E:gawk]
Export_015
女性の方がブリーダーさんで、彼はボーイフレンドだそうです。
ブリーダーさんの笑顔が光ってますね。[E:shine]
審査も5匹一遍に行われたのですが、テーブルの上から逃げ出す子は1匹もいず、
みんな良い子でびっくりしました。
Export_006_1_2
審査員の口からは、5匹を絶賛するコメントばかりではなく、
何と、連れて帰りたいくらい素晴らしいとのコンプリメントが聞こえて来ました。[E:wobbly]
この日のうちに、5匹中3匹は買い手が見つかったそうです。
この猫ちゃん達にはテレビ[E:movie]も出動して、
ブリーダーさんはインタビューを受けていました。[E:karaoke]
Export_018
インタビューの内容は、このブリーダーさんは14匹の猫ちゃんと暮らしていて、
ブリーダーとは別に自営業をされているので、面倒をみてあげられる時間が、
十分あると言う事でした。
リポーターが「家族はいますか?」との問いに・・
「この子達が私の子供で、一緒に住むボーイフレンドがいるので満たされています」
と、隣にいたボーイフレンドを幸せそうに見つめていました。[E:lovely]
今回のショーは規模としては国際大会でしたが、出場者はヨーロッパ各地から
来ていたようです。
この大会の出場していた種類は、ブリティッシュショートヘアー、ロシアン、メインクーン、
ノルウェージャン、シャム、ベンガル、アビシニアン、シャルトリュー、ラグドール、etc.
↓はレストランで休憩を取るロミーとブローニャのブリーダーさん。
Export_017
電話で話してる女の子は、ロミーのブリーダーさんのお友達だそうです。
普通、ブリーダーさんから猫を買い取った後は、あまり連絡なんて取らなくなると
思うのですが、私達の場合は、ずっと連絡を取り合って、ウチのにゃんずの様子を
知らせていますし、ウチのブログも見てくれているんですよ。[E:happy01]
ロミーのブリーダーさんのヨハンナはルーマニア人、ブローニャのブリーダーさんのカティヤは
ポーランド人で私が日本人ですから、3人でドイツ語を話すと、みんなそれぞれの
訛りでたまに通じない事もあります。[E:coldsweats01]
でも、私達3人は猫と言う共通点で結ばれているので、話は尽きにゃいのですよ。[E:smile]
近々、ロミーのブリーダーさんの引っ越し先で、3人でお茶しようと言うお誘いも
受けたので楽しみです。[E:happy01]
今回はロミーの弟分がショーに出ましたが、審査が終わる前に私達は帰ったので、
結果は分かりませんが、私は個人的にはショー自体に興味がないのです。[E:coldsweats01] 
猫は大好きなんですけどね。
今回は撮った写真の数が多すぎたので、他の猫ちゃんは、
追々、オマケのコーナーで紹介することにしますね。[E:wink] オタノシミニ!
キャットショーに行った事がない方も、これを見てちょっとは行った気になってもらえたら
うれしいにゃ。[E:catface]
Banner
2連ポチリ、よろしくにゃのだ!
にほんブグ村 猫ブグ シアンブルーへ