jump to navigation

今朝のアリーチェ☆ 2009年 1月 22日

Posted by yukialice in あいさつ, アリーチェ, ブローニャ, ロミー, EOS KISSX2.
4 comments

今朝のウィーンの気温はプラス[E:one]度です。[E:happy01]
[E:cloud]ってますが、零下の朝よりは送り出す方も気が楽なのです。
では、今日もアリ☆ロミで、行ってみよ〜。[E:heart04]
Export_002_6_2
ロミ君の視線はベランダに向いていますね。[E:coldsweats01]
フジコさんからマグの中の絵が気になるとのコメントを頂きましたので、
今日はマグの中も見えるように撮ってみました。[E:wink]
マグの外側の猫ちゃんと同じ絵なのですが、ここまで飲み物を入れて下さい
みたいな、印の役目をしているのかしら。[E:smile]
ブロちゃんは、お外を見ています。
Export_004_4
鳥さん飛んでますか?
「今朝は、ハトさんが群を成して飛んでるわよ?」
たまには、ブロちゃんを後ろから見てみたくないですか?
Export_007_1
皆様の、ご感想をお待ちしています。[E:coldsweats01]
そろそろ、アリーチェ姉さんが学校に行く時間が来ました。
Export_003_3
いつも正面から撮っているので、キティちゃんの耳当てが良く見えなかったので、
今朝はちょっと、横を向いてもらいました。[E:flair]
今日は早帰りだから、一緒にお昼ご飯を作って食べようね。[E:delicious]
気をつけて行ってくるんだよ〜。[E:paper]
今日の〆は、お二方でやって頂けるようです。
Export_004_6
「オバマ氏から、わたくしに秘書の要請がまだ来ないのはなぜかしら?」
「おいらも、オバマ氏のSPで活躍したいにゃ」
オバマ氏はまだ就任したばかりで忙しいんですよ。
もうちょっと待ってみましょうね。[E:coldsweats01]
皆々様も、素敵な一日を!
Banner
2連ポチリ、よろしくにゃのだ!
にほんブグ村 猫ブグ シアンブルーへ

猫でもできるドイツ語講座 パート32 2009年 1月 22日

Posted by yukialice in ウィーン, ドイツ語, ロミー, EOS KISSX2.
7 comments

どうも、どうも〜、昨日は弟が出て来て、思わず自分だと思ってしまった、
プロフェッサー・ロミーです。[E:coldsweats01]

Export_007
やはり血は争えませんな、弟があんなに男前に育っていたとはね〜。[E:catface]
さて、今日も楽しくて為になるドイツ語講座を始めますよ?
本日のお題は、こちらです!
800pxmelange
見たまんま、コーヒーです。[E:cafe]
ウィーンはカフェ発祥の地として知られていますので、ウィーンに訪れたなら、
是非、観光の合間にカフェで美味しい[E:cake]とコーヒーをご賞味頂きたい。
では、本題に入りますよ? 「コーヒー」はドイツ語で「カフェ」と言います。

der Kaffee

一つ気をつけなくてはいけないのは、オーストリアですと「カフェー」と、
後ろにアクセントが来るのでフェーと伸ばしますが、ドイツですと「フェ」と、
頭にアクセントが来るので、フェーと伸ばしません。[E:danger]

コーヒーの種類も日本同様色々あります。 みなさんも良くご存知の
ウィンナーコーヒーはドイツ語では「Einspänner(インシュペナー)」と

言いまして、
ウィンナーコーヒーと言っても通じませんし、ウインナーソーセージも
コーヒーの横に添えられて出て来たりしませんので、予めご忠告しておきますぞ。

次に、オーストリアで最もよく飲まれているのが、

「Melange(メンジェ)」です。
メランジェはフランス語で「混ぜ合わせたもの」の意味で、
コーヒーと泡立てたミルクを半々に入れたものでして、
オーストリア人はメランジェにお砂糖をたっぷり入れて飲む人が多いのですぞ。

そして、日本人はコーヒーをブラックで飲まれる方が多いと思いますので、
ブラックコーヒーを飲みたい方は、「Mokka(カ)」若しくは、
「Schwarzer(シュヴァルツァー)」と言う言い方を、覚えておいて下さい。

最後に気をつけなくてはいけないのは、アイスコーヒーです。
ドイツ語では「Eiskaffee(イスカフェー)」と言いまして、
日本のアイスコーヒーの中に、バニラアイスがたっぷり入っており、
しかもホイップした生クリームのトッピング付きで、
日本人がイメージするものとは全くの別物ですので、ご注意のほどを。
どうしても、日本のアイスコーヒーが飲みたい方は、スタバへGO

ウィーンには有名な喫茶店「Kaffeehausu(カフェーハウス)」が沢山あり、
老舗のザッハーデーメルもお勧めですが、甘さを控えたケーキを出してくれる
オーバーラーやラートハウス近くにあるスルッカは、
日本人のお口にも良く合います。

建築として素晴らしいのは、フェルステル宮殿内にある

カフェツェントラルでして、
高い天井に大理石で敷き詰められた店内は優雅な気分で、
ケーキとコーヒーを味わえる事、間違いなしですぞ。[E:good]

で、個人的にお勧め出来ないのが、建築家のアドルフ・ロースが、
内装を施したとして有名なカフェムゼウムです。
ここは数年前に改装され、テーブルや椅子は安っぽいエンジ系の色で

統一されてしまい、
かなりイケてないと言いますか、ダサいのですよ。[E:catface]
(改装後は彼のオリジナル建築に基づいたオーセンティックなユーゲント様式に
 なったとの、ご指摘がございました。私の個人的趣味はさておき、
 建築にご興味があられる方は、お立ち寄り下さいませ。

 因に、私は改装前後に一度づつ訪れました)
カフェでコーヒーを注文する時は、注文したいコーヒーの後に、
以前勉強した「お願いします」と言う意味のbitte(ビッテ)を

付けるのをお忘れなく!

では私はこれから、マウジーちゃんとカフェーハウスでメランジェを飲みながら、
おしゃべりする約束がありますので、これにて失敬。
プロフェッサー・ロミーでした。
チュ〜ス[E:paper]

☆今日のオマケ☆

Export_003_3
キャットショーに出場していたまだ小猫のベンガル。
飼い主さんは、キャットショーの定番ボーズでサービスしてくれました。[E:smile]

Banner


2連ポチリ、よろしくにゃのだ!
にほんブ�グ村 猫ブ�グ �シアンブルーへ