jump to navigation

猫でもできるドイツ語講座 パート33 2009年 2月 3日

Posted by yukialice in ドイツ語, ロミー, EOS KISSX2.
10 comments

どうも、どうも〜、今週も地味なファンに支えられている、
このコーナーがやって参りました。
Export_003
食事中に食べ物をこぼすと、母上に怒られてしまう、
プロフェッサー・ロミーです。

さて、今まで日本語化したドイツ語をいくつか紹介してきましたが、
今日も一つ紹介しちゃいますよ?

では早速、行きましょう! 今日のお題はこちら!

カルテです!

die Karte(カルテ)複数形 : Karten(カルテン)

カルテと言う言葉、みなさん聞いた事がありますよね?
そう、病院でドクターがこっそり患者の病状を記録するヤツですよ。

昔は、ちゃんとドイツ語で記入されていたそうですが、
今は英語か日本語で書かれているらしいですねぇ。
せめて、命に関わる様な病名だけでも、ドイツ語で書いて欲しいモノですな。

と言う事は、日本の医学生がドイツ語を勉強するのは、ある意味、
無意味だったりするワケでしょうか。

ちなみに、アメリカの医学生はドイツ語ではなくラテン語を勉強すると
聞いた事がありますぞ。

実はこのカルテ、英語ではちょうど「カード」の意味に当たりまして、
とても実用的な言葉で、次のような意味もあります。

トランプ、ハガキ、切符、クレジットカード、地図、入場券


そして、ドイツ語圏を旅行する際、とても役に立つ意味で使われるものを、
一つ紹介しましょう。

旅行した際に必ず立ち寄るところ、それはレストランではないでしょうか。
日本では、お水とメニューをささっと、

店員の方が持って来られると思いますが、
こちらはお店が混んでいる時や、

若しくは単に店員が忘れていることも多々あり、
お腹が空いているのに、メニューさえ来ない事が、よくあるのですよ。
(ちなみに、稀に水道水を頼む人以外は、

こちらでは無料のお水は出てきません)

そんな時は、忙しいふりをしている店員さんにこう呼びかけて下さい。

カルテ、ビッテ!

そうなんです!カルテにはメニューと言う意味もあり、
旅行者の方には是非、覚えて欲しい言葉なのです。
メニューは正式にはシュパイゼカルテと言うのですが、
カルテだけでも十分通用しますので、安心して使って下さって結構ですぞ。

余談ですが、お正月に遊ぶカルタ取りですが、

このカルタはドイツ語が訛って、
出来たのではなく、カードと言う意味のポルトガル語なのです。

私の博識はさておき、私はこれからマウジーちゃんとコンサートのカルテをネットで、
予約する約束がありますので、これにて失敬。
プロフェッサー・ロミーでした。
チュ〜ス!

☆今日のオマケ☆

Export_010_1

大きな耳と鼻がチャームポイントの[E:cat]ちゃん。シャムの一種でしょうか?
キャットショーでは、普段は見られないような、猫ちゃんに会えるのが、
魅力の一つですね。

Banner


2連ポチリ、忘れずににゃ!

にほんブ�グ村 猫ブ�グ �シアンブルーへ