jump to navigation

客室乗務員の小さな安堵 2009年 6月 11日

Posted by yukialice in つぶやき, 会話.
8 comments

以前主人と長崎の実家へ帰るために、某航空会社を利用した時の事でした。一人の若い客室乗務員が主人の席に来て、こう話しかけました。

「お客様、大変失礼でございますが、日本語はご理解されますでしょうか?」

「はい、大丈夫です」

と、返した主人。

私はトイレに行きたくなったので、その客室乗務員の後を追うような感じでトイレに行く途中、もう一人の客室乗務が現れ、その二人の会話を耳にしてしまったのです。

「あの外国人のお客様、日本語大丈夫らしいよ。これで機内アナウンス、英語でしゃべらなくてよくなったわ。ラッキ〜!」

って、あんたら高い給料もらって、そのための訓練、受け取るんじゃろ〜が〜。( ̄□ ̄;)

今日からまた子供たちの学校は4連休です。ちょいと、バタバタしておりますので、レスは明日以降にお返し致します。m(_ _”m)

相互リンクを希望されたふみさんへ、リンクは完了致しました。これからも宜しくお願い致します。他にブログをおもちの方で、相互リンクを希望される方はコメント欄にてご連絡を頂ければ幸いです。

以前、一度だけスーパーシートに乗った時、客室乗務員が私と男性の乗客とで明らかに違う態度をとっていた時、とても不快感を覚えましたわ?あんたら、サービスは平等にすべきとちゃうの〜?

婚活は合コンとかでやってくれ!

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ