jump to navigation

今朝のアリーチェ☆7/2 2009年 7月 2日

Posted by yukialice in つぶやき, アリーチェ, ブローニャ, ロミー.
10 comments

今朝のウィーンは晴れで気温は既に20度を越しています。日中の最高気温は32度の予定。。

昨晩、今更ながら、『ロスト イン トランスレーション』のDVDを主人と観ました。2003年に制作され、監督はコッポラの娘のソフィア・コッポラ。翌年にはアカデミー脚本賞を受賞した作品で、かなり評判が良かったのですが・・。私も主人も感想は、「退屈」のひと言。。新宿のネオン街、高層ホテルからの絶景、街の喧騒、不自然な生け花のシーン、富士山をバックにゴルフ、ゲーセン、カラオケ、寿司、しゃぶしゃぶ・・。「ここまで来たら、絶対に京都も出てくるべ?」と私が言ったら、ほんまに出て来ましたがな。\(;゚∇゚)/

ウィキによるとこの映画は、「言語問題だけでなく夫と妻、男と女、老人と若者、友人間などの現代社会多くの人間関係における相互理解の難しさをテーマとしている」らしい。。映画の中で、主人公ボブの奥さんが時差も考えずに、どの絨毯を買うか電話をかけてきたり、絨毯のサンプルをDHLで送ってきたり・・。私と主人はガハハ〜と笑っただけでしたけど、ここにも深〜〜〜いメッセージがソフィア的にはあったんですね?

コマーシャルの撮影シーンで、ディレクターが業界人らしく、ボブに意味不明な指示を出すのですが、それを通訳の女性はちゃんと訳さず、テキトーに伝えるだけ。。このシーン、日本をバカにしている!と、怒った人も沢山いたとか?私はアリじゃね?と言う感想。だっているでしょ、あんなディレクターも通訳も。

途中、売春婦がボブのホテルの部屋に突然現れるのですが、外見的に売春婦つーより、近所のおばさんが無理しておしゃれしてきたって感じで、私も主人も顔を見合わせて、「これはナシだね?」で納得。それと、ヨハンソン演じるシャーロットの旦那の友達が、キャメロン・ディアスっぽい設定にもかなりがっかり。。なんじゃありゃ?

確かに、初めて東京を訪れるガイジンにとっては奇妙に映る街だし、それは由として、『ロスト イン トランスレーション』と言うタイトル、この映画には意味が深過ぎるような?Lost in Translation とは、「本来の意味が翻訳中に失われたり、翻訳できずに困り果てる事」。

つまりは、「夫と妻、男と女、老人と若者、友人間などに置いて、コミュニケーションの難しさを描いた作品」だったのだろう。。

主役を演じたビル・マーレイはこの映画で「アメリカ主義の相対化」を感じ取って欲しいと言っていたそうだ。。ほんまに悪いけど、私にはとにかく退屈で、何も感じ取る事ができましぇんでした〜。。・゚・(ノД`)
私、超単細胞なんで、もっと感受性豊かな人が観ると、きっと素晴らしい作品に違いなかったハズ?

では前置きが長くなりましたが、今日もアリ☆ロミで、いってみよ〜。(^◇^)

496

今日は朝から久しぶりに晴れたので、ベランダで撮ってみました。後ろのマジックビーン、見えますか?すごく伸びてます。(^ロ^)~~♪

こちらはりんごさんから頂いたホワイトボードに、夏休みまでのカウントダウンをアリが記してます。

497

そう、明日まで学校に行くと、長〜い夏休みが待ってます。クラス写真の中の数人は既にドロップアウトして、別の学校に移りました。。アリも夏休み中、ドイツ語を特別強化する予定なのですが、まだ具体的には決めていません。

こちらは最近購入した料理包丁。その名もCulinario(調理)Mukizu!

498

一応日本の技術で作られたそうなのですが、ドイツ製です。で、めっさ切れます!お料理するのが楽しくなりました。Metroと言う会員制の大型スーパーで売ってますので、会員の方にはお勧めですよ!(^ロ^)~~♪

では今日の〆も、ブロちゃんにお願いしましょう。

499

「暑いから、クーラー買って来てよ?」

って、夏はこれからが本番ですよ?ヾ(;´▽`A“

『ロスト イン トランスレーション』に感動したあなたも?

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

私と同じく退屈してしまったあなたも?

って、観てない人も沢山いるだべ?