jump to navigation

母と娘の会話(母と娘の温度差篇) 2009年 7月 5日

Posted by yukialice in あとう, ゆき, アリーチェ, ブローニャ, 会話.
14 comments

最近、あとうが薬の副作用で臥せっている事を何度か書きましたが、
昨日の昼間も気分が悪くなり、こんな感じでベッドで横になってしまいました。

505

(部屋が散らかってごめんちゃい。(^_^;)

あとうの横で寝そべっているのはブロちゃんなのですが、実はブロちゃん、

あとうが具合が悪くなってベッドやソファで横になると必ず、あとうを気に掛けるかのように、

「みゃ〜、みゃ〜」と、鳴いてあとうの隣で横になるのです。

そんな光景を何度も目にした私は、

「ブロちゃんって、優しいね。あとうが気分が悪くなると絶対に一緒にあとうと寝てくれて、

まるで、心配で介護しているみたいじゃない?」

と、アリーチェに話しかけると・・

「ん〜、そうかな〜?」

「そうでしょ? あとうが気分が悪くなって横になるたびに、ブロちゃんも添い寝するんだもん」

「つか、ブロちゃんさ〜」

「ん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ただ、眠いだけなんじゃね?」

って、アリーチェ、おまえは何て、現実的にゃんだ〜。\(;゚∇゚)/

       確かにブロちゃん、1日20時間以上、お眠りになってるけど。。(´ヘ`;)

ブロちゃんの優しさに、胸キュンしたあなたも?

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

やっぱりブロちゃん、眠かっただけ?(-_^;)