jump to navigation

私の血液型はゼロ型でした? 2009年 7月 15日

Posted by yukialice in つぶやき, ブローニャ, ロミー.
14 comments

昨日の記事で、私がベルンハルトに血液型を尋ねた時、彼がゼロ型と答えて私がO(オー)型と訂正した会話を載せましたが、実は、ゼロ型が正しいとの情報を先日お会いした才女、はっぱさんから頂きました。(はっぱさん、わざわざありがとうございました!)

以下がはっぱさんから頂いたウィキの抜粋です。

A型はA抗原を発現する遺伝子(= A型転移酵素をコードする遺伝子)を持っており、B抗原に対する抗体が形成される。
B型はB抗原を発現する遺伝子(= B型転移酵素をコードする遺伝子)を持っており、A抗原に対する抗体が形成される。
O型はどちらの遺伝子も持っていない。A抗原、B抗原それぞれに対する抗体が形成される。
AB型は両方の抗原(A抗原およびB抗原)を発現する遺伝子を持っており、抗体形成はない。

私もちょっとネットで調べてみたら、O型はもともとは、O(オー)ではなく0(ゼロ)型と分類されていて、0(ゼロ)と書いていたものが、読み間違えでO(オー)となり、O型になったと言う説が、一番多くヒットしました。

かと思えば、ゼロ型説を覆すこんな記事も見つけました。詳細はこちら

ヒトの血液は「A」「A(o)」「B」「B(o)」「O」「AB」の6つの型に分類されており、「A」型どうしの両親からは「A」型の子供しか生まれないが、「A(o)」型どうしの両親からはメンデルの法則にしたがって「A」「A(o)」「A(o)」「O」の子供が生まれる、としている。すなわちこの論文では、大文字のOと小文字のoが使い分けられており、数字の0ではありえない。

と言う事なのです。ん〜、A抗原もB抗原も持っていないので、ゼロ型と言う説、そして上記の説、どちらが正しいのでしょうか??

ここからはまた、ウィキからの抜粋ですが、面白い事に、1900年に初めて血液型を発見したのはオーストリア人のカール・ラントシュタイナーで、翌年の論文で発表された型名は「A型、B型、C型」とされていて、彼自身はO型だったとの事。。

で、1902年にAB型が発見され、C型がO型に変更されたのは1910年の事でした。って、結構最近だったんですね?

で、O型の語源について知りたくなり、ググってみると、「ドイツ語のohne(~を伴わないという意)の頭文字をとってO型と呼ばれるようになった」そうなのです。詳細はこちら

この語源説が本当なら、逆に欧米人がオーをゼロと読み違えている事になりそう?

それにしても語源はドイツ語にも関わらず、はっぱさんもおっしゃっているように、オーストリアではなぜ、ゼロ(ドイツ語ではヌル)型と言われているのか?謎は深まるばかりですわ?

最近、にゃんずの写真を載せてなかったので、無理やりこの記事に絡ませますよ?

550

ちなみに、ネコの血液型は、A型、B型、AB型の3種で、殆どがA型でO型がないんです。ネコっていかにもO型っぽい感じじゃないですか?>^o^<

最後に皆様にお願いがあります。

ウチのブログ、サイドバーに付けているフラッグカウンターによると、目下、80カ国から訪問して頂いております。皆様のお住まいの国では、ゼロ型と言っているのか、オー型と言っているのか、教えて頂けませんでしょうか?日本と違って、海外では血液型が話題に上る事は、稀ですので、知らない方も多いかと思いますが、ご存知の方は、お時間がございましたら、コメント欄でお待ちしておりまする。m(_ _”m)

あなたはゼロ型が正しいと思います?

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

やっぱり、学校で教えてくれたオー型が正しい?