jump to navigation

オーストリア、イチ押しアーティスト☆ 2009年 7月 27日

Posted by yukialice in つぶやき, オーストリア, 音楽.
6 comments

さて今日は久しぶりに、音楽ネタをやりますよ?

音楽の都と呼ばれるウィーンに住んでいながら、クラシックネタがゼロですんません。。(; ゚×゚;)

さて今日ご紹介するのは、オーストリアの女性アーティスト、SOAP&SKINのこちらの曲。

I fell in love with you
but I know that’s just a sky
I don’t know where I go

数年前、この曲を初めて聞いた時、彼女が奏でるピアノが

あまりにもイモーショナルで、強烈に耳に残りました。

歌詞はたったの3行ですが、この短い歌詞に思いの全てが表現されています。

好きな人に出会えたのに、決して成就する事のないこの恋に絶望し、

さまよう様を見事に歌い上げています。

若い彼女が、空の様に途方もなく遠い存在に思える相手って、どんな人だろう?と、

ふと考えてみたくなりました。。

やっぱり、既に彼女、若しくは奥さんがいる相手とか?

って、こっちの人って、そんな事は全然気にしないんですけどね?

だから、余計に気になっちゃう。。

SOAP&SKINの他の曲も聴きたい方は、こちらであと3曲聴けます。

(すぐに音が出ますので要注意)

ヨーロッパ各地で行われるツアーの日程もチェックできますよ。

ワタシ的には、オーストリアの女性アーティストではイチ押しです。

そうそう、最近、日本で流行ってる曲って、私、大嫌いなんですよ?

去年、一昨年の紅白を見たのですが、命を大事にとか、

暗に自殺を食い止めようみたいな歌詞の曲が多くて、

かなりうんざりしました。

「千の風になって」のCDを持ってる人は、即刻、捨てて欲しい。。)

私が子供の頃は、ピンクレディ、百恵ちゃん、ヒデキ(りんごさん、修正しましたよ?)、

俊ちゃん、ジュリー、五郎(さゆぴょんさん、追加しましたよ?)

明菜、ブリブリだった聖子ちゃん、みーんな、恋愛の歌ばっかりだった。。

好きな人ができたら、恋の歌を聴いて胸を躍らせたり、失恋した時は慰められたり。。

あの頃の歌謡曲(今ではすっかり懐メロと呼ばれるが)は、

変にメッセージ力がなくて、最高だったな。。

今、日本で流行ってる曲は、世情を反映し過ぎで、聞いてると苦しくなっちゃう。

もっと単純に聞ける曲が流行って欲しいなと、オバサンは思いますよ?

今日ご紹介した、SOAP&SKINのこの曲、

歌詞的には明菜ちゃんの「難破船」とダブっちゃいました。

って、分かる人、何人いるんだろ〜。ヾ(;´▽`A“

あなたは、つっぱり明菜派だった?

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

それとも、かまとと(←死語だ〜)聖子ちゃん派?

つか、つっぱりも死語だべ?