jump to navigation

お呼ばれランチ☆ 2009年 8月 18日

Posted by yukialice in あとう, つぶやき, アリーチェ, ウィーン, 友だち.
14 comments

この前の日曜日、主人が仕事で数年来のお付き合いをさせて頂いているMさんご夫婦にランチのお誘いを受けました。(^ロ^)~~♪

リヒテンシュタイン美術館の近くのアパートにお住まいなのですが、ここがアパートの入り口です。

643

ウチのアパートの入り口とは違って、にゃんとも趣のある良い味出してるドアですね?(←表現力乏し過ぎ(・_・;))

こちらはリビング。ご主人様はお茶が趣味、奥様は書道をたしなまれると言う事で、どのお部屋も和洋折衷を取り入れた、とても趣味の良い雰囲気が醸し出されています。部屋全体の広さは130平米。(☆_★) お二人でこの広さは贅沢ですよね。(*⌒O⌒*)

644

こちらはダイニングの一角。

645

センスのいい部屋には、Macが良く似合うな〜。って、ウチの読者の9割はWinユーザーなんですけどね?(; ゚×゚;) スンマシェ~ン

子供達はiPhoneで遊びながら、お食事を待っていました。。

646

日本語も堪能なご主人様に、「左の肖像画はどちら様ですか?」と尋ねると、ご主人様のお父様の若い頃に描かれたもので、当時はにゃんと貴族だったそうざます。Σ(ロ゚ ノ)ノ

食後、ご主人様が「何飲む〜?エスプレッソ?それともまだビールにする?」とお気遣い頂いたのですが、私は「お茶がいいです!」と、お願いすると、お茶の淹れ方を詳しく説明して頂き、見事な手さばきで淹れて頂きました。その華麗な様に、我が家全員、目を奪われてしまったほど。(@o@)

647

まさか、オーストリア人に日本茶を淹れて頂く事になるなんて。。(^_^; ドラマの「夫婦道」をご覧になった方はご存知かと思いますが、毎朝、武田鉄矢さんが家族のためにお茶を淹れるシーンを思い出してしまいました。*^_^*

アリーチェが抹茶好きである事を伝えると、にゃんと立派な茶器にお抹茶も点てて頂いたのです。(*^^*)

648

緑茶とお抹茶の次は、わざわざ台湾から取り寄せてらっしゃると言うウーロン茶を淹れて頂きました。日本のペットボトルで売られているウーロン茶の味とは全く違って、お茶の甘味がほんわりと口の中に広がり、5番茶までしっかり美味しく召し上がる事ができましたよ。(*^_^*)

ウィーンの中華レストランでは、ジャスミンティーはあってもウーロン茶は全くありません。ですので、初めて頂いた最高級のウーロン茶は余計に美味しく感じました。(‘∀`)

台湾にあるお茶の輸入先のアドレスを頂いたので、近々、自分で取り寄せてみますね。★(‘-^v)

久しぶりにお会いしたので、話も弾みあっという間に帰る時間がきてしまいました。こちらは昔のエレベーターで、ドアは自分で開閉します。

649

中はベンチもあり、背後には各フロアーに貼られているステンドグラスも見え、数往復したくなるようなエレベーターでした。(=^_^=)

650

さて、主人と仕事上のお付き合いがあるのはご主人様ではなく、日本人の奥様なのですが、偶然にもこの奥様、私と同じ町のご出身で、私は子供の頃、奥様のお父様に大変お世話になったのです。。因に私の実家は、人口1万6千人足らずの小さな町です。

実は私、小学生の低学年の冬、突然高熱を出し、数ヶ月間、高熱が下がらない病気にかかったのですが、その時お世話になった病院の先生が、この奥様のお父様だったのです。

数ヶ月の間、日曜以外は毎日病院通いの日々。病院に行って注射を打たれたり点滴をするのはすごく嫌だったけど、優しい先生に会えるのだけが病院に行く楽しみでした。

大病院でも検査を受けたのですが、結局原因はわからず、数ヶ月経ったある日、突然熱が引き、再び学校にも通えるようになったのです。

その後も先生や看護婦さんに、毎年お年賀を送るのが習慣となり、先生からも丁寧なお年賀が毎年届いていたのですが、私が働くようになってから数年後、先生は癌で亡くなられたとの事でした。幸い、奥様のご兄弟は医者になられ、お兄さまが病院を継がれているそうです。

我が家とこちらのご夫婦と知りあったきっかけがまた面白いのですよ。ウィーンに来て翌年、某所で数年契約の求人広告を見つけた主人は、そこで面接を受けたのですが、その時の面接官こそが、この奥様だったのです。

主人がそこで働くようになってから、奥様と世間話を交わしていた時に実家の話になり、奥様が先生の娘さんである事が判明したのでした。こんな偶然があるものかと、本当にびっくりしましたが、不思議なご縁で今でも主人は奥様の職場からお仕事を頂く事も有り、時々顔を出しています。

今回の記事のタイトルは、「お呼ばれランチ☆」にも関わらず、お食事の写真を撮り忘れてごめんなさい。m(。≧Д≦。)m

あまりにもお腹が空いていた上に、美味しそうなちらし寿司と鯖の握り寿司に冷ややっこを見た途端、手と口の動きが止まらなくなり、完璧に写真を撮り忘れてしまったのです。ヾ(;´▽`A“

最後にご主人様が子供達に・・

「今日は良いお天気だったから、本当はプールにでも行きたかっただろうに、こんな年寄りと付き合わせちゃって、ごめんね」

とおっしゃったら、アリーチェは・・

「そうなんだよね〜。今日すごく暑かったから、パパとママもプールに行きたいね〜って言ってたんだよ〜」

って、こんなにおご馳走になって、そんな事バラすなんて。( ̄□ ̄;) 子供って、正直残酷ですわね?

次回は、秋ごろにすき焼きをおご馳走になる約束を交わし、帰途に着いたのでした。

出会いも縁も必然だと思われる方は、こちらをクリック?

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

「そんなん、ぜんぶ偶然よ」と、割り切る現実的なあなた様は、こちらをクリック?