jump to navigation

バルセロナ 其の弐 2009年 8月 21日

Posted by yukialice in つぶやき, バカンス.
10 comments

さて今日は、バルセロナ3日目の様子をご覧下さいませ。この日は主にガウディの建築を回りました。

まずはこちら、カサ・ミラ!

665

ガウディはこの作品のテーマを山とし、直線を徹底的に排除し、ゆがんだ曲線を主張したそうです。直線嫌いと言えば、フンデルトヴァッサー。彼もガウディの影響を受けたのかしらん?

こちらはカサ・カルベ。

666

カタルーニャのバロック様式のこの建物は、バルセロナ市の第1回建築年間賞に輝いた作品。

そして右手の建物がカサ・バトリョ。

667

こちらの作品は海がテーマとされており、カラフルなガラスモザイクが光りに反射してとても美しい作品。左の建物は無名の建築家のものかもしれませんが、二つ並んで素晴らしかったので、一緒に撮ってみました。

最後に訪れたのは、カサ・ビエンス。

668

ガウディ建築の処女作で、現在はにゃんと個人住宅だそうです。カラフルなタイル使いが南国らしい雰囲気を醸し出していますね。

こちらもガウディの・・と言いたくなるような立派な建物ですが、バルセロナ中には、無名と思われる素晴らしい建築物も多く点在しております。

669

まるでお城のよう。。一階は銀行だったような記憶があります。

この建物がある通りを歩いて南下している途中、私はこのマリリン状態になったのです。。(どうも下に地下鉄が走っていたらしい。。)

670

その日、シルクのグリーンのワンピースを着ていた私。。右手でハンドバッグを持ち、左手では首に掛けたデジイチを支えていました。

そう、私はこの時のマリリンとは違い、両手がふさがっていたのです!

勿論、パン2○見え状態!ヽ(*’0’*)ツ 無情にもその時、2階建ての観光バスが無残な姿の私の横を通り過ぎ、バスの乗客はみんな私に釘付けだったそうです。○| ̄|_

その一部始終を、一足先にベンチに腰掛けて見ていた主人と子供達は、指を差して大笑い。( ̄□ ̄;)

アリーチェなんか、「ママ、バスが来る時に、もう一回やって〜」

って、もうやらへんよ〜。(´ヘ`;)

主人に至っては、「もうちょっとで、おっぱいも見えそうやった〜」と、腹を抱えて大爆笑。(`皿´)

普通のレイディだったら、顔から火が出るほど恥ずかしいところでしょうが、私はその辺の神経が麻痺しちまってるようで、何事もなかったかのように観光を続けたのでした。(´З`)

夕方になり、なぜかあとうが水族館に行きたいと申しましたので、仕方なく行きましたがな。。

671

魚は見るものではなく食べるものだと確信している私には、ちょっと退屈。。だってイルカのショーとかもないんだもん。。

しょぼかった割に入場料はすごく高かった。(´ヘ`;) バルセロナってホントに物価が高いイメージが強かったです。3泊4日でちょうど良うございました。。(●^_^●)

では最後に、水族館で一番人気だったこちらの方から、ひと言!

672

パン2丸見え〜の悲惨な母の状況を、指を差して笑う家族って、一体。。(´Д⊂グスン

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

これも旅の良い思い出になりました?