jump to navigation

今朝のアリ☆ 10/16 2009年 10月 16日

Posted by yukialice in つぶやき, アリーチェ, ブローニャ, ロミー, 頂き物, 書籍.
6 comments

今朝のウィーンは曇りで気温は2度!今日は雪は降らなさそうです。今週はずっと北風が強く、実際の気温より寒く感じます。(>_<) 来週は、晴れて今週よりは温かくなるそうですよ。ヽ(^。^)ノ

では今週最後の今日も、このお三方での登場です。r(^ω^*)))

839

今朝撮った中で、他にアリーチェが笑顔で可愛く撮れたのもあったのですが(親バカは百も承知です (-_^;)、抱っこされたロミー君の、重ねた前脚のきゃわゆさにノックアウト〜!ヽ(´ー`)ノ 何だか思考中にも見えるちょっと困ったような表情もたまらなく可愛いです。ブロちゃんは、いつものように貫録勝ち?(; ゚×゚;) 右手の黒い物体は、今日の午後レッスンがある、ヴァイオリン。(*^^*)

こちらは先週、ウィーンとブラティスラバにいらしていたゆきPさんから頂いたお茶。(●^∀^●)

840

ロミーの後ろ足が写っちゃってましたね。(=^_^=) ゆきPさんは子供の頃からお茶が大好きで、毎日飲まれているそうです。!(^^)! このお茶もゆきPさんのお気に入りだとか。我が家もみんなお茶が好きで、毎日欠かさず飲んでいるので、消費は物凄く早い。(^O^;) まだもったいなくて開けてませんが、折角ですので新鮮なうちに頂きますね。(‘-‘*)アリガト♪

こちらは最近読み終えた、親戚のyukoちゃんから頂いた文庫本。

841

右の筒井康隆の短編集「ヨッパ谷への降下」は、あとうが入院中、病室で読んでいたのですが、最後の解説を読み忘れていた事に最近気付き、完読しました。

子供の頃、筒井康隆の原作ものがテレビで放送されていました。「七瀬ふたたび」「時をかける少女」「家族八景」等。同じアラフォー世代の方はご記憶にあられるハズ?NHKでは眉村卓のSFものも多く放送されていて、わくわくドキドキしながら見ていたものです。

この短編集を読むのに、すごく時間が掛かりました。彼のSF描写を、私の無いに等しい脳でヴィジュアル化する為に、すごく時間を要したのですよ。(´ヘ`;) 彼の尋常ではないイマジネーションには驚かされ、引きつけられ、最後には陥れられたりも・・。全くの別世界に引き吊り込まれるような、不思議な感覚を味わえるのが面白いですね。

それに対し、超現実を描いたのが角田光代著、「対岸の彼女」。主人公、葵の現実と過去を交差させながら、もう一人の主人公、小夜子の現実と絡み合わせたストーリー。

特に、30代半ばの保育園に通わせる小さな子供がいる主婦、小夜子の人生と言うか、生活そのものはどこにでもあるような話で、さらさらと読めるのですが、小夜子にとって、対岸にいるかのような存在の葵との出会いが彼女の生活自体を大きく変化させます。

「ひとりでいるのがこわくなるようなたくさんの友達よりも、ひとりでいてもこわくないと思わせてくれる何かと出会うことのほうが、うんと大事な気が、今になってするんだよね」

これは、中学高校といじめにあっていた葵のセリフ。彼女は大学を出て起業し、女社長として一人で強く生きて行くキャラ。

「なぜ私たちは年齢を重ねるのか。生活に逃げこんでドアを閉めるためじゃない、また出会うためだ。出会うことを選ぶためだ。選んだ場所に自分の足で歩いていくためだ」

これは葵と出会って、最後に小夜子が出した人生の答え。

この本は、いじめ、学校での友達同士の派閥、自殺未遂、上司や同僚のくだらない悪口を言う仕事仲間、理解のない夫、嫁の育児に愚痴をこぼす姑、保育園のうわさ話に花を咲かせる主婦と、ある意味とても日本的な要素で構成されています。ネガティブで陰湿に聞こえそうですが、葵が決断した潔い生き方が、その全てを相殺してくれる力を持つ一冊です。

この本を読んでも感じたのですが、自分の選んだ人生に納得している人は美しいと言うこと。。

独身でも、結婚して子供がいてもいなくても、専業主婦でも兼業主婦でも、シングルマザーでもシングルファーザーでも?(笑)、自分で決めた人生を謳歌している人は、美しいのだと思います。

これはドラマ化されたそうですので、ご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。本で読むと、また違った見方ができるかもしれません。秋の夜長にお勧めです。

今はコピーライターの仕事で多忙中のyukoちゃん、海外では貴重な日本の書籍を、沢山送ってくれてありがとう。♪ヽ(^-^ )

では今日の〆も、ブロちゃんにお願いしましょう。

842

「この箱ね、昨日と同じ箱なんだけど、あの女が言ったように、いっぱいいっぱいじゃなくて、

実際は、こんなに隙間があるのよ? どう見積もっても、わたくしが、あと3匹はかたいハズ?」

箱のフタで高さをあげても、ブロちゃん、あと一匹分のキャパしかなさそうですけど。(´ヘ`;)

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

皆々様も、良い週末を。♪v(*’-^*)^☆