jump to navigation

今朝のアリ☆ 3/4 2010年 3月 4日

Posted by yukialice in つぶやき, アリーチェ, ウィーン, ブローニャ, ロミー, 頂き物, , 書籍.
12 comments

今朝のウィーンは零度で曇り。土曜日の☃マークは消えましたが、しばらくは晴れても、気温低めの日が続くそうです。(´ヘ`;)

では今日は、お三方での登場ですよ!(#^o^#)

皆様は、私の親バカがどんなもんかご存知かと思いますが、今日のアリーチェは超キレイ〜。ほんまに私の娘かしらん?(* ´Д`*)=3 ウットリ~

先週から、アリーチェの学校の英語の授業を、イギリス人の先生が担当するようになり、授業も全て英語のみになりました。(その先生は、英語しか話せないそうです)

今のところは、先生も簡単な事だけしか話してないので、先生が言っている事は全部分かっているようです。

12歳からネイティブの教育が受けられるとは、良い環境ですよね。

こちらはりんごさんから頂いた、キティちゃんのバースデーカード。(‘-‘*)アリガト♪

キティちゃんの後ろにある薔薇の花束に、たくさん「おめでとう♡」と、書いて下さいました。アリーチェが大好きなりんごさんの声が聞こえてきそう。(‘∀`)

こちらはクラシックカーラリーに出場していた・・

ウィーンナンバーのポルシェですね?(^O^;) シルバーグレーのボディがかっこいい!

こちらは俳優の亀石征一郎さんが書かれた、長編大作「フライング・タワー」。

帯のコメントは、先頃亡くなられた藤田まことさんが書かれています。

作品に登場する11人の命は、訳あって2年の期限付き。

その11人は死ぬ前に、一世一代のお芝居を企てます。

その舞台が東京タワー。

アラブの要人ファミリーを拉致してタワーの展望台に立て篭もるのです。

道路公団、政府、官僚、銀行の入り組んだ腐敗にメスを入れるために!

国民もマスコミも、自分たちの税金がどれほど無駄に使われてきたかを悟り、立て篭もり犯に声援を送るようになります。

本に登場する官僚は、ほぼ実名を出してしまっているところも面白い。(例 小泉総理→大泉総理)

彼らの真の目的は、社会の闇を明るみに出すために、日本国民に問題提起する事。

今トヨタのリコール問題が、世界中で話題となっていますが、その辺も偶然かぶってます。

読み進めるうちに、改めて石油利権がいかに世界を動かしているかと言う、当たり前の事実に納得させられました。

彼らの命の期限は、東京タワーで切れるのですが、結末は読んでからのお楽しみ!読みごたえは抜群ですよ?

この作品は映画化も決定されているらしいのですが、まだ具体的には何も決まってないようです。

それにしても俳優さんでこれだけの大作を書かれるとは、亀石氏の文才に驚愕。

(この本を読まれた方がいらっしゃいましたら、ご感想を頂ければ幸いです)

では今日の〆も、ブロちゃんにお願いしましょう。

ブロちゃん、今日は何かいつもと違う感じですね?

「窓辺で、もの思いに更ける美女よ?」

で、どんな思いに更けてらっしゃるんですか?

「夕飯のメニュー」

って、いつものカリカリですけど。(´ヘ`;)

「親バカも大概にせんか〜!」と思われたあなた様も、クリックプリーズ!(^_^;

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、誠にありがとうございました。m(_ _)m