jump to navigation

今朝のアリ☆ 5/10 2010年 5月 10日

Posted by yukialice in アリーチェ, ブローニャ, ロミー, 頂き物, , Uncategorized, 書籍.
8 comments

今朝のウィーンは曇りで気温は12度。雲の合間から薄日も差していますが、今週のお天気は雨や曇りが多くなりそうです。

今朝、あとうの体育のバッグを探ると、シャツと短パンだけで靴がない!( ̄□ ̄;)

本人に問い詰めると、どうもなくしたらしい。。○| ̄|_

この靴もフリマでゲットしたのですが、ナイキのエアーシリーズで、バドミントンでも使っていたんです。

ったく、先月は傘をどっかに置き忘れてなくしたし、男の子って女の子より物をなくす確率は、少なく見積もっても100倍くらいでしょうか?(´ヘ`;)

では週初めの今日は、傘も靴も一度もなくした事がない、アリとブロちゃんでの登場!

ブロちゃんの視線の先は、ある方なのですが、もうすぐ発表しますね。(^_-)-☆

アリーチェは今日、ドイツ語と英語のテストがあります。昨日までしっかり頑張っていたので、大丈夫かな。*^_^*

こちらはあとうの誕生日にjasminkさんから頂いた梅シリーズ。(‘-‘*)アリガト♪

男梅タブレット以外は、お初でした。♪ヽ(^-^ ) 茎わかめ梅しそ味はお味もあとうのツボでしたが、コリコリとした歯ごたえも最高!わざわざ我が家の為に、20%増量を選んで下さって、ありがとうございました。ヽ(´ー`)ノ

こちらの古い三菱のナンバープレート、初めて見ました。

どこの国のものか、ご存知の方はいらっしゃいますか? ヘッドホーン付きのニコちゃんマークがかわいいですね。(*^^*)

こちらは先週読み終えた、重松清の短編集「日曜日の夕刊」。

12話から成るこの本、殆どが家族愛をテーマにしたもの。

重松清氏は私と同世代の作家ですが、男性なのに、子供や女性の気持ちを描写するのに長けてらっしゃるのに感心しました。

どの話もコミカルで、最後にはほわ〜んとしたハッピーエンドで締めくくられ、希望の香りを残してくれます。

この作品に出てくる父親は皆、どちらかと言うと平均以下のダメパパばかり。

そんなところが、逆に読む人の共感を誘うのかもしれません。

「後藤を待ちながら」は自分がいじめられる子を持つ親になって初めて、自分が子どもの頃いじめていた事に心底、悔やむ父親の話。

この話も押しつけがましいところが一切なく、じわじわと感動を誘います。

「桜桃忌の恋人」はこの本の中で唯一、家族愛とは無関係で、太宰治フリークの彼女に振り回される大学生の話。

最後に彼女が自殺を決意した時、「斜陽」の次の一節が彼の頭を過るのです。

「けれども、私は生きて行かなければならないのだ」

彼は大宰が本当に言いたかった事はこれだと確信し、彼女の自殺を止める為に走る!

そう、その時、彼はメロスになっていたんですね。ベタ過ぎ〜。(笑)

この本は一つの話が20ページから40ページほどと短いので、忙しい時でもさらりと読める一冊。

昨日は母の日で、通常ですとランチに出掛けるのですが、土曜日からアリーチェが風邪気味でしたので、自宅でのんびり過ごしました。

特に子供達からのプレゼントはありませんでしたよ?(^O^;)

さて、母親になるのに最も適した国はどこだとおもいますか?

国際援助団体セーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)は今月4日、母親になるのにどれだけ適しているかを示す「母親指数(Mothers Index)」の国別ランキングを発表しました。

気になるベストテンはこちら。

1位 ノルウェー

2位 オーストラリア

3位 アイスランド

4位 スウェーデン

5位 デンマーク

6位 ニュージーランド

7位 フィンランド

8位 オランダ

9位 ドイツ

10位 アイルランド

寒い国が目立ちますが、因に我が日本は32位、オーストリアは26位、アメリカは28位で最下位はアフガニスタンと言う結果が出ています。

私は日本での育児と比べると、オーストリアは天国だと思います。

2年間の育児休暇も法律で保証されていますし、休暇中も全額ではありませんが給料が支払われます。

遠足の時だって、親が朝早く起きて手作り弁当を作る必要もありません。

こちらは共働きが基本なので、なるべく母親に負担がかからないように遠足の時は、幼稚園や学校で食べ物、飲み物やおやつまで用意してくれます。

3つ子が生まれたら、国から毎日8時間くらいだったかな?ヘルパーさんが派遣されるのです。

何より弱者に親切なこの国では、ベビーカーで混んだ電車に乗っても肩身の狭い思いをする事はありません。

日本ではベビーカーを押して歩くだけでも、周りに気を遣いますよね。。

日本って動物と小さな子供を持つ母親に対して、かなり冷たいのが残念。。

そう考えると、日本が32位と言う順位、高過ぎなのでは??

では今日の〆は、ロミ君にお願いしましょう!>^o^<

「いま、母に会いにゆきます」

それって、ドラマのタイトルみたいなセリフじゃね?

バーデンのロミ君のママ、まだロミ君のこと、覚えてるかな?(´-ω-`)

クリックして頂けると、日本のママが、もっと快適にママ業をこなせるようになります!(^◇^)

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、誠にありがとうございました。m(_ _)m