jump to navigation

今朝のアリ☆ 5/18 2010年 5月 18日

Posted by yukialice in アリーチェ, ブローニャ, ロミー, 頂き物, , Uncategorized, 書籍.
10 comments

今朝のウィーンは曇りで気温は11度。今日は雨こそ降っていませんが、梅雨寒の様なお天気が続いています。(/_;)

昨日は退院祝いのコメントを頂きまして、ありがとうございます!

あとうは、久しぶりに元気に登校しました。

コメントのレスは、入院前の記事から徐々にお返ししていますが、入院中のコメントに関しましては、勝手ながら、お休みを頂きますので、ご了承下さいますようお願い申し上げます。m( __ __ )m

約1週間ぶりの今日は、アリ☆ブロでの登場です!

ブロちゃんの下半身を支えるアリーチェの右手、ほんのちょっとだけ力が入ってる?(‘∀`)

こちらは先月の私の誕生日にjasminkさんから頂いた、パヴェ調のリング。(‘-‘*)アリガト♪

ブラックとちょっとロックな感じがゆきさんに似合いそう、と言うメッセージを添えて頂きました。♪ヽ(^-^ )

カジュアルにもフォーマルにも、アクセントとして活躍してくれそう。

jasminkさん、ステキで豪華なプレゼント、ありがとうございました。大切にします!(o>▽<)o

こちらのカローラは、ブルガリアナンバー。

走行中に助手席から撮影しました。o(^-^)o

ブルガリアと言えば、「明治ブルガリアヨ〜グルト♪」以外、何も思いつきません。σ(^_^;)

こちらは先月完読した、恩田陸著「上と外」。

 

中学2年生の蓮と小学6年生のチカが、南米G国で働く、考古学者の父親を訪ねて、クーデターに巻き込まれるところから話は始まる。

二人はアクシデントでジャングルに取り残され、サバイバルを続けるうちに、ニコと言う不思議な力を持った少年に出くわす。

緻密な構想によって、雄大でスケールのデカいファンタジーに作り上げられたこの作品は、恩田さんの筆力の賜物と言えるでしょう。

どうして、こんな突飛な事を思いつくのか?作家の想像力って、凄いなぁといつも感心します。

ただ、ジャングルですぐに食べ物にありつけたり、数日間で五感が鋭くなったと言うくだりは、突っ込みたいところでしたね。。

あと、この二人の主人公、ウチの子供達と殆ど同じ年齢なのですが、ジャングルでそれまでの人生経験を活かして生き延びると言う設定、この年齢ではかなり無理がある感否めず。(笑)

あとうとアリが同じ境遇に遇う羽目になったら、こんな機転の利いた行動は、まずできませんよ?

話としては素晴らしいので、お勧めできる作品ですが、ワタシ的には嫌いな宮崎駿監督に映画化して欲しい。

南米のジャングル、マヤ文明の遺跡の数々、宮崎監督だったら、圧倒するような映像に仕上げてくれそうではないですか。

アニメとしてなら、ツッコミどころ満載な点も難なくクリアできそうですしね。

上下巻合わせて約千ページ、読み応えも充分です。

では今日の〆は、ロミ君にお願いしましょう。

ロミ君はジャングルに取り残されたら、どうする??

「ドールのパイナップルの葉っぱを食べて、生き延びます!」

って、ジャングルには、ドールのパイナップルもバナナも生えてないよ!

私達が食べてるバナナって、人間が食べやすいように改良されているんですって。

ジャングルに生えているバナナは、すごく短くて実も少ないんですよ?

クリックして頂けると、ロミーがパイナップルに実がある事に気付いてくれます!

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、誠にありがとうございました。m(_ _)m