jump to navigation

猫でもできるドイツ語講座 パート82 2010年 7月 4日

Posted by yukialice in ドイツ語, ロミー.
6 comments

どうも、どうも〜!今週も皆さんお待ちかね、このコーナーがやって参りました。

あ、もしかして皆さん、ロンドンレポートの続き、楽しみにしてましたかな?(; ゚×゚;)

母上とアリーチェ姉様の留守中、淋しさを紛らすためにマタタビキッカーを抱き枕にしていたプロフェッサー・ロミーです。(* ´Д`*)=3

では今日も、楽しくて為になると評判のこのコーナーを始めるとしましょう!

まずはこちらをご覧下さい。

絵画に興味がない方でも、これはきっとご存知なハズ?

そう、オーストリアが生んだ巨匠、クリムトの「接吻」です。(*⌒O⌒*)

と言う事で、今日のお題は接吻、「キス」です!

「キス」はドイツ語で「クス」と言います。

der Kuss 複数形 Küsse(キュッセ)

キスなんて、最後にしたのはいつか思い出せないあなたも、この言葉を聞くだけで胸がキュンとして、ほっぺがピンクに染まるのではないでしょうか。(●^_^●)

私なんてマウジーちゃんと、朝から晩まで数え切れないくらいチュ〜してますぞ。(●^∀^●)

母上とアリーチェ姉様だって、一日に何回も私のほっぺにクスしてくれますし。(〃▽〃)

残念ながらブローニャ姉さまは、一度も私にクスして下さった事はありません。(* ´Д`*)=3

猫パンチなら、何度もあるんですけどね?\(;゚∇゚)/

英語と日本語ではキスですが、ドイツ語だと「キ」が「ク」に変わっただけで、かなり変な響きに聞こえて、覚えづらくありませんか?

そんなあなた様のために今日も、私がフレーズを用意しましたのでご覧下さい。

初めてのキスは、くす(クス)の木の下だった。

彼女にキスしたら、クスッと笑われた。

なーんて、いかがでしょうか?(^O^;) ドウカナ?

あと楠木正成ファンの方は、「楠くす)木正成にキスしたい!」でもいいですよ?(; ゚×゚;) イナイッテ?

今日のドイツ語も、きっと身に付いたハズ?>^o^<

では私はこれからマウジーちゃんと、いっぱいキスしますのでこれにて失敬。(^_^)(^* )

プロフェッサー・ロミーでした。(=^_^=)

チュ〜ス!♪v(*’-^*)^☆

今日のドイツ語も、楽しんで頂けましたら・・

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、誠にありがとうございました。m(_ _)m