jump to navigation

夏休みの図書とにゃんず☆ 2010年 7月 19日

Posted by yukialice in ぐら, つぶやき, ブローニャ, ロミー, 書籍.
6 comments

最近、にゃんずの写真が少ないので、今日はお三方を後ほど登場させますよ?

まずは、最近読み終えたこの本のレヴューを書きたいと思います。

桐野夏生著「残虐記」

私は桐野さんの作品は初めてで、この作品の序章はちょっとつまらない気がしたのですが、それは本当の意味で単なる序章に過ぎない事に、すぐに気付かされました。

読み進めるうちに、ぐいぐいと引き込まれ、結局最後まで一気に読了。

内容は25年前の少女誘拐・監禁事件の被害者であったこの作品の主人公が作家となり、ある日、出所した犯人から彼女宛に手紙が届き、彼女は失踪します。

監禁の間、犯人(ケンジ)がどのように少女を扱っていたか、気持ち悪いくらいにグロテスクに描写されていますが、実際、監禁されたら、これくらいじゃ済まないんだろうなとも思えました。

彼女はケンジから開放された後、自分が「性的人間」(この作品のキーワード)になった事に気付き、夢と共に空想に走ります。この空想を、この作品では「想像」と言い替え、彼女が知る事ができなかった真実を想像するのです。

最後には、犯人と被害者の間にある感情が芽生え、被害者である彼女は監禁されていた場所を「二人だけの王国」であると、失踪前に書き残しています。

「人間から想像をとったら何も残らない」と言ったようなフレーズがあるのですが、この作品を読むと、まざまざと思い知らされます。

私にとってはかなり印象的で好きな作品ですが、かなりグロテスクで題材が猟奇的である事から、読者を選ぶ作品と言えるでしょう。

因にこの作品は、谷崎潤一郎の「残虐記」をヒントに書かれたと、後書きで記されています。

220ページ足らずの作品ですが、読み終えるとそれ以上のスケール感に圧倒されるはずです。

桐野さんの作品は、「光源」を入手したので、この作品と読み比べたいと思います。

また好きな作家さんが増えて、読書の楽しみが増えました。

本に興味がない方は、スコ〜ンとここまでスルーされてたりして?(-_^;)

撮りたてほやほやの、ロミ☆ぐら

相変わらず不仲なふたりですが、お互いをとても意識し合っています。

ブロちゃんは、全くぐらを受け入れていませんが、ロミはぐらを上の方から観察したり、威嚇しながらも後を追って、ぐらの行動をしっかり観察しています。

そんなロミの行動を見て、ぐらも見込みがあるのはロミだと思っているようで、ロミを良く追い掛け回して遊んでいます。

って、ロミにしたら遊びじゃなくて、恐怖におののいて逃げてるって感じなんですけどね?(^O^;)

でもこうやって、側に寄って寝てる光景を見ると、きっとふたりとも仲良くなりたいんだと思います。

ただ、仲良くなる方法が見つからない?

そんな感じが見受けられますね。

いつか、このふたりだけでも、寄り添って寝る姿が見られると良いなぁ。

さてこちらは、私がシャワーの後使うタオルを、暖めて下さっているブロちゃん。

ブロちゃん、冬は暖かいタオルは気持ち良いんですけど、今はちょっと暑いので、ご勘弁願えますか?

「タオルを暖めてるだけじゃなくて、毛だらけにしてあげてるんじゃないさ」

あ〜、そんな心遣いがあったんですね。

って、余計に迷惑なんですけど?(´ヘ`;)

ではここで問題です!

ブロちゃんは、最近、私をある方法で早朝に起こしてくれます。

その方法とは何でしょうか!

例:私の鼻の前で放屁。

因にぐらは、爪を私の頭の地肌に刺して起こしてくれます。(/_;)

クリックして頂けると、ブロちゃんが同じ方法で、あなた様を起こしてくれます!\(;゚∇゚)/

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、誠にありがとうございました。m(_ _)m