jump to navigation

2010 リンツ☆ 2010年 7月 25日

Posted by yukialice in あとう, アリーチェ, Uncategorized, 旅行.
6 comments

さて今日は、22日に行ったリンツの模様をご覧下さい。

まずはハウプト広場にそびえる三位一体の柱。

中央広場の周りに建ち並ぶ、バロック様式の建物がメルヘンチックで可愛らしい。(=^_^=)

リンツのトラム。ウィーンのものとは全く違いますね。

手前の車のナンバープレート、見えませんよね?(^O^;) リンツナンバーなので、「L」で始まります。

こちらは新大聖堂。オーストリアでは、ウィーンのシュテファン寺院に次ぐ2番目の高さで134メートル。

でか過ぎて、全体を撮ることは不可能。○| ̄|_

正面からのショット。

めいいっぱい引いて撮ったのですが、入り口が入りませんでした。(´Д⊂グスン

とんがり屋根の教会のように見える建物は、州庁舎。

右端はアリの後ろ姿です。(笑)

こちらが先ほどチラリと見えた州庁舎ラントハウス。

ルネッサンス様式で16世紀後半に建てられたこの建物は、かつてはリンツ大学として利用されていました。

こちらは市教区教会。

皇帝フリードリッヒ3世(1493年没)の心臓が、この教会の中にある大理石の壁に納められているそうですよ?

リンツの〆は、リンツ城博物館に寄りました。

小高い丘の上にあり、城壁フェチの私にはたまりません。って、あとう、なんで顔隠すの?

たくさん歩いたので、博物館内にあるモダンなカフェレストランで休憩。

この日も35度を越す猛暑でしたが、このカフェはクーラーが入ってないのに、とっても涼しかった!

ウェイターのお兄さんもイケメンでとても親切でしたよ。(*⌒O⌒*)

ワインの品揃えも豊富で、インテリアもステキ!他のお客様が食べていたお料理もとっても美味しそうでした。(‘∀`)

中央の2本の細長い屋根の建物は、旧大聖堂。

散策した時に目の前でも撮ったのですが、近過ぎて部分的にしか撮影できませんでした。

最後にリンツについて少々説明します。

リンツはウィーン、グラーツに次ぐオーストリア第三の都市。

モーツアルトはこの町で交響曲「リンツ」を書き、ベートーヴェンは交響曲「第8番」を作曲しており、毎年秋に開催される国際ブルックナー音楽祭には、世界中から有名音楽家が集います。

そして特筆すべきは、リンツァートルテ!

リンツァートルテはこの町で生まれた有名なケーキであると、ガイドブックやウィキにも堂々と記載されていますが、それは大きなウソですよ!

本当はウィーン出身のリンツァーと言う名の人が最初に作ったのが所以です。

リンツァートルテは、唯一の町の自慢の種であるため、リンツに住む人もこの事実を拒否していますが、ウソじゃない事はここにドイツ語で書かれています。

リンツはこじんまりとしていて可愛らしい町でした。

町を散策中、XOCOLATと言うステキなチョコの専門店を見つけましたが、このお店もオリジナルはウィーンのようです。(笑)

店員さんも親切で、ヨーロッパ中のチョコを扱ってますので、リンツに行かれた際は、是非。(^_-)-☆

クリックして頂けると、ウィキペディアがリンツァートルテの事実に気付いてくれます!

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、誠にありがとうございました。m(_ _)m