jump to navigation

2010 ザルツブルク☆ 前編 2010年 7月 28日

Posted by yukialice in あとう, アリーチェ, オーストリア, 旅行.
2 comments

一昨日同様、昨日の記事にもたくさんの心温まるコメントを頂きまして、誠にありがとうございました。
お一人様お一人様、じっくり拝読させて頂き、とても励まされたと同時に、こんなにもブログを通して、たくさんの方に支えられている事に気付かされました。

コメントのレスは、少し時間は掛かるかと思いますが、お礼と感謝の気持ちを込めて、徐々にお返しさせて頂きます。<(_ _)>

では今日は、先週行った、ザルツブルクの旅をご覧下さい。

リンツから高速を使って、1時間半ほどでザルツブルクに到着。

このトンネルは、車道、歩道、自転車道に分かれていて、トンネルの中は15度くらいと、歩いててひんやり気持ちよかったです。

↑あとう

トンネルは私達が泊まったホテルのすぐ近くにあり、駐車場はトンネル右手の山の中にありました。

ザルツブルクの路線バスは、電気で走ってましたよ。

車線変更できないのは、不便じゃないのでしょうか?

この日も35度近くあったので、この池に飛び込んで泳ぎたかったほど。。

因にワンコは池で水浴びしてましたが、私が素っ裸で泳いだら、逮捕されますね。

町の中心街に着くと、レッカー移動中の車を発見。

レッカー車のメーカーはKawasakiで、レッカーされてる車はオペルですが、SUZUKIのディーラーでした。(笑)

こちらは有名なレジデンツ広場。

右手の建物は大聖堂。

そしてこちらはモーツァルト広場。

このイタリア人の兄妹、すごく仲良さそうに肩を組んだところを、ママに写真を撮ってもらってたので、あとうとアリに同じポーズをとらせようとしたのですが、拒絶されました。○| ̄|_

ベタですが、ザルツブルクと言えば、ここを載せない訳にはいきません。

モーツァルトの生家。因にモーツァルトが亡くなった家は、ウィーンの旧市街にあります。

丘の上にそびえるは、ホーエンザルツブルク城塞。

歩いても行けますが、このくそ暑いのに私達が歩く訳もなく、ケーブルカーで登りました〜。家族4人で往復24ユーロくらいだったかな?

チケット売り場で7歳くらいの男の子が、家族と一緒にケーブルカーで登って散歩してたら、何を考えたのかこの子、一人でケーブルカーで下りてきたと言ってたのです。

その子はまたケーブルカーで家族の元に戻りたかったようですが、チケット売り場のお姉さんは、一度下りたらもうチケットは無効だから、歩いて登りなさい、と親切に(?)少年に返答してました。

親御さんは、さぞかし心配されてたことでしょう。

日本だったら、すぐに迷子のアナウンスをしてくれそうですよね?

城塞からは、ザルツブルク音楽祭が開催される広場が見えました。

写真中央に(の)がありますが、にゃんとその上に人が立ってます!

ザルツブルクの町を一望。びゅ〜てぃふぉー!

ザルツァッハ川の向こうには、サウンド・オブ・ミュージックで有名な、ミラベル庭園があります。

城塞をケーブルカーで下りて、あの男を確かめに行きました。

ちょっと色黒の男性のようです。どうやって金の玉の上で、均衡を保っているんでしょうか?

今回、ネットで見つけて宿泊したホテルは4つ星でしたので、ちょっと期待してたんですが、見事に裏切られました。

フロント係の女性は、そのへんのおばさんが普段着で来てるかのような、ある意味とっても親しみやすい感じで、バーテンダーも兼ねていました。

先ほども書いたように、この日も猛暑でしたので、久しぶりにクーラーのキ〜ンときいた部屋でぐっすり眠れる!と、期待してたのに、部屋に入ると扇風機が回ってましたがな。(爆)

確かにザルツブルクはウィーンより涼しいですが、風通しの悪いホテルでは、扇風機くらいでは全然涼しく感じず、結局1時間くらいしか眠れませんでした。(´Д⊂グスン

あと、シャワーが途中から水しか出なくなり、最悪でした。(/_;)

朝食もイマイチ。。

昨晩、来月に予定しているチェコ旅行のホテルを予約しましたが、ここは5つ星で、クーラーも付いてます。(笑)

お値段は、一泊600ユーロのデラックスダブルルームが、booking.comだと、衝撃の79ユーロ!

26階建てのホテルで、最上階にはプールもあるので、水着も持って行きますよ。

さて今回のザルツブルクの旅の二日目は、ミラベル庭園とモントゼーを訪れましたので、次回(できれば明日)、その模様をご紹介します。

クリックして頂けると、金玉の上の男性が、ブレイクダンスを踊り始めます!(*゚∋゚)

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、誠にありがとうございました。m(_ _)m