jump to navigation

2010 ザルツブルク☆ 後編 2010年 7月 30日

Posted by yukialice in あとう, アリーチェ, オーストリア, 旅行.
8 comments

さて今日は一昨日に引き続き、ザルツブルク後編をお届けします。

旧市街にあるゲトライデガッセに入ると、可愛らしい看板がお目見えします。

まずは帽子屋さん。

折角、綺麗なステンドグラスなのに、この時は丁度曇り始めてきたので、色が映えませんでした。(T_T)

お次はマクドナルド!

普通のデカデカのMの看板より、エレガントで素敵です。§^_^§

最後は鍵屋さん。

この鉄細工の看板は、文字が読めないひとにも一目で分かるように発達したそうで、ウィーンも昔は鉄細工の看板だらけだったとか。。

こちらは映画「サウンド・オブ・ミュージック」で、「ドレミの歌」の舞台となったミラベル庭園。

二日目の朝は、前日の快晴と打って変わって、雲りでかなり肌寒く感じました。

この庭園は、フィッシャー・フォン・エルラッハによってギリシャ神話をヒントに設計されたそうです。

丘の上のホーエンザルツブルク城塞も、チラリと見えますね。

晴れていたら、もっとお花も華やかに撮れたのに、残念。。

アリーチェの背後の建物は、大司教ヴォルフ・ディートリヒが愛人ザロメ・アルトのために建てたとされるミラベル宮殿。

大司教といえども聖職者。当時の大司教は絶大な権力を握っていましたが、さすがに愛人のための宮殿建築には非難が集まったそうです。

「ミラベル宮殿」の名は、後継者の大司教シティカスが改名したもので、「美しい眺め」という意味。

現在は、市長をはじめとする行政オフィスとして使用されています。

丁度私達が訪れた時にも、結婚式を挙げたばかりの若い新郎新婦が、今は幸せそうに私達の横を通り過ぎました。

海外ウェディングをお考えの方は、ミラベル宮殿で豪華な挙式も、素敵じゃないでしょうか。きっと、一生の思い出になるハズ?

庭園を出ると、修復中のザンクトアンドレー教会がお目見えしました。

屋根でお仕事中の皆さん、ノーへルです。日本は「安全第一」なのにね?

ザルツブルク最後のショットはこちら。

モーツァルトの住居です。

モーツァルト一家は、1773年から1787年までここに住んでいました。

1994年に再建された際、日本の某保険会社が多額の寄付をした事でも有名。現在は博物館として運用されています。

ザルツブルクを後にして、次なる目的地はモントゼー。

モントゼーに向かうべく高速に乗った途端に、大雨に降られましたが、到着寸前に止んでくれました。(^ロ^)~~♪

ザルツブルクからは30分弱で到着。

車を駐車して、町の名前と同じ湖、モントゼーに足を運びました。

中ほどに見えるのは、水上スキーのジャンプ台のようです。

モントゼーの町、と言うより村と言った方がぴったり?

ここでは、さぞかしのんびりとした生活が送れることでしょうね。

湖から歩いて10分ほどで町の中心、マルクト広場に着きました。

メルヘンチックなレストランやカフェ、ホテルが建ち並びます。

こちらは教区教会。

映画「サウンド・オブ・ミュージック」で、トラップ大佐とマリアは、ここで結婚式を挙げました。

この町でランチを取ったのですが、とても美味しかった!

ホテルのレストランで、ホテルの名前はアイリスポルシェ

きっと5つ星だと思います。

サービスも味も大満足で、モントゼーを後にしました。

美しい町、ザルツブルクとモントゼーの旅、楽しんで頂けましたら・・

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、誠にありがとうございました。m(_ _)m