jump to navigation

去りました。。 2010年 11月 4日

Posted by yukialice in あとう, ぐら, アリーチェ.
3 comments

1週間我が家に滞在した両親と姉、そして殆どベルリンで過ごしていた甥っ子が今、成田行きの飛行機に乗っています。

こちらがその甥っ子、圭太。

ぐらはトンボさんで、ひとりで遊んでますね。(笑)

母親は、ぐらのことをずっと「西郷(隆盛)さん!」と呼んで、とても可愛がってました。

ブロちゃんとロミーは最後まで慣れませんでしたが、ぐらだけは最初からずっと誰にでも甘えて、愛嬌を振りまいてましたよ。

この甥っ子の圭太、すごく優しい性格で、私がブログで目が疲れやすいと書いたのを見て、とっても良いアイマスクを買って来てくれました。また後日、写真付きで紹介しますね。

圭太もカメラが大好きでPENTAXのデジイチを使っているのですが、私のキャノンのデジイチで撮ってくれたあとう(息子)がこちら。

寝顔だけ見ると、まだ小さい子供みたい。。

こちらのぐらは、アリ撮影。

圭太がお土産に買ったクロックスの上で、前脚を可愛く組んでるところがツボ。

表情も今までにない感じ。。

こちらはハンガリーの小さな町にあるエスターハージィ城の前でのワンショット。

中は修復中で、庭にすら入ることができませんでした。。

両親がウィーンの我が家にいたこと自体が、夢のような気がします。

母親は2年前にあった時より、かなり年老いていました。

やっぱり女性の方が、外見に出やすいのかな?

父親はヘヴィスモーカーの割りに顔色も良く、足取りも軽くて、健康そのもの。。

ウィーン滞在中、早起きして読書していた父は、さゆぴょんさんから頂いた「犯人に告ぐ」(上・下)、「半落ち」を読破しました。

「犯人に告ぐ」が終盤にさしかかった頃・・

「今から大詰めぞ!こいは面白かばい!」と言って、子供のように喜んで読んでました。

「半落ち」は映画でも観たのに、読んでも最後まで気付かなかったそうです。(爆)

今朝ウチをでる前、父が私に・・

「飛行機の中で本ば読みたかけん、なんかいらん本ば、一冊くれんね」

「そしたら、こいばやるたい!いっちょん面白うなかったけんね」

と言って、東野圭吾の「変身」を渡しました。(笑)

アレはホントに東野圭吾作品の中では、かなり残念な一冊。。

今ごろ、飛行機の中で読みながら・・

「ほんなこつ、こいは、いっちょん面白うなか!」と、愚痴ってる頃でしょうか。。(笑)

そうそう、↓の記事の問題、まだ正解者は出てませんよ〜。

ちょっぴりヒントを入れたつもりでしたが、みなさん、気付いてないのかしらん?

見事正解された方には、先着一名様に限り、私の父親のナイスショットにあなた様のお名前を吹き出しに入れて、差し上げます!

って、誰も欲しくないってか。(笑)

最近忙しくて、ランキングの順位をチェックしてなかったのですが、

にゃんともうちょっとでベストテン入りできそうです!

よろしければ、ワンクリック、お願いします〜。(=^_^=)

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、誠にありがとうございました。m(。≧Д≦。)m

お詫び 暫くの間、記事中でのコメ返しも、お休みを頂いております。<(_ _)>