jump to navigation

祝☆金婚式記念 @PALAZZO! 2010年 11月 14日

Posted by yukialice in あとう, ゆき, アリーチェ, ウィーン, , Ken.
6 comments

さて今日は、以前にチラリとご報告した、主人の思いつきイベント、両親への金婚式お祝いのサプライズ(?)の模様をご覧下さい。

そのサプライズ(?)とは、今年のお正月にも行ったPALAZZOへの招待。

(PALAZZOはドイツ語圏を主に、ヨーロッパ各地で秋から春先にかけて行われている、ディナーショーみたいなもので、ショーの内容は歌、アクロバット、ジャグリング、ダンス、グラスハープ、コメディ等々)

毎年、主人と二人だけで行っていたのですが、前回初めて子供達も連れて行ったら、とても喜んでくれました。

言葉の問題はあるとしても、ショーは見るだけで楽しいはずなので、良い思い出になるだろうと思い、私と主人からのお祝いに決定!

テーブルも一番良い場所をゲット!

さて、肝心の両親は、予想通り喜んでくれるのでしょうか?

どうぞ、ご覧下さいませ!

会場はテント小屋みたいな造りなのですが、中はすご〜く暖かい。。

一応、ドレスアップした両親。(笑)

「このワンピースば、30年振りに着たばい」と、母。(*⌒O⌒*)

ショーは撮影禁止なので、私は撮りませんでしたが、他の方はバシャバシャ撮ってました。

毎年料理を担当するのは、ウィーンの有名レストランKorsoの料理長を務める、Reinhard Gerer。

まずはアボカドとマグロのコンビネーションが舌を魅了した前菜。

日本人なんで、醤油とワサビで食べたくなりました。(笑)

こんなキレイなロシア人ダンサーが、飲み物を注いでくれたりします。(●^_^●)

顔、ちっちゃ。(* ´Д`*)=3

前菜2品目は、にゃんとホタテですよ!!!しかも二切れも!(_≧Д≦)ノ彡☆

ホタテくらいでそんなに喜ぶな、と言われそうですが、海のないオーストリアでは魚介類はとても高価で、冷凍のホタテさえ高くて買えないんです。。

焼き具合もレアとミディアムの中間くらいで、文句なし。!(^^)!

「あっ君、一緒に写真ば、撮ってもらおうよ」と、母。

あとう、こんな感じで、いつも撮影には非協力的。(´ヘ`;)

メインは牛フィレのステーキ!(^ロ^)~~♪

美味かったですよ!(食に対する表現力がなくて、すんましぇん)

言葉はさっぱり理解できなくとも、ショーを楽しんで始終笑顔だった父。

「帰ったら、近所の人に、自慢せんばね」

最後にデザート♡

確かココナッツ味のアイス。美味しかったけど、デザートが来る前にはかなり満腹状態。。

来る度にパンフレットを買っている理由は、料理のレシピが写真付きで掲載されているから!

って、一度たりとて、作った事はありませんが。。(爆)

実は母が、すぐそばのテーブルに座っている人達から、クスクス笑われてしまいました。

まさかの居眠り!ヽ(*’0’*)ツ

時差ボケで、眠くなったんでしょうね?きっと。。(; ゚×゚;)

「ショーより、おばあちゃんの居眠り見てた方が面白いよ」と、あとう。(^O^;)

そして、サプライズのお祝いは、こちら!

結婚記念を祝して、PALAZZOからケーキを用意してもらったのですが、実はこれが大失敗。。

なぜかと言うと、通常は毎年、一組が結婚記念日や誕生日をみんなの前で盛大に祝ってくれるのですが、今年は、ウチの両親以外に5組ほど、お祝いする人達がいて、こんな風にテーブルにケーキを持って来てくれるだけで終わったのです。ヾ(;´▽`A“

私と主人は、前回祝ってもらったこの老夫婦(写真8枚目)を見て、痛く感動したので、同じ感動をウチの両親にも味わって欲しかったのですが、不発に終わりました。○| ̄|_

しかも今回のPALAZZOのショーの内容が今までで最悪。。

こんなんで、ショーが終わっても、私も主人もかなり気分が落ち込んだのです。。

この日は両親がウィーンに来て3日目でしたので、順番的にはもっと早く記事に出来たのに、サプライズが不発に終わったせいで、なかなかブログに書こうと言う気分になれませんでした。

が、今こうやって、写真を整理して、その日の事を振り返ってみると、自然と笑顔がこぼれ、楽しんでブログを書いている自分がいたのです。r(^ω^*)))

こちらはプロのカメラマンに撮ってもらった家族写真。

私とアリの2ショットを撮ったすぐ後だったので、両親を中央にしてあげられなかった事を猛省。

今、両親がウィーン滞在中に撮った写真を整理してアルバムを作っているのですが、↑のショットを表紙にしました。

今朝スカイプで、母と話した時・・

「ウィーンはよか町やったけん、また行きとうなったよ」と、言う言葉を聞いて、まだまだ元気なんだな、と思い嬉しくなりました。

今回の記事は、両親のウィーン滞在中において、クライマックス的イベントでしたが、久しぶりに子供と孫と一緒に過ごせた時間は、どこであろうと、良い思い出として残ってくれればと願います。

両親が日本に帰った後、「じっちゃんとばっちゃんがウチに居た時は、すごく賑やかで楽しかった。いなくなって寂しいね」と、言ってくれた主人。。

主人は、私の両親を実の親の如く大切にしてくれています。

すっとこどっこいの両親の金婚式記念 @PALAZZO、楽しんで頂けましたでしょうか。

居眠りしてしまった母に、爆笑してしまったあなた様も、クリックプリーズ!\(^O^)/

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、誠にありがとうございました。m(。≧Д≦。)m

お詫び 暫くの間、記事中でのコメ返しも、お休みを頂いております。<(_ _)>