jump to navigation

猫でもできるドイツ語講座 パート94 2010年 11月 28日

Posted by yukialice in ぐら, ドイツ語, ロミー.
8 comments

もうも、どうも〜!久しぶりにこのコーナーが帰ってきました!

ウィーンは金曜の夜に初雪が降り、今もうっすらと積もってますが、皆さんがお住まいの街も、寒さが厳しくなってきましたかな?

ぐらさんの広い背中に、思わず跳び掛かりそうになったプロフェッサー・ロミーです。

では今日も、楽しくて為になると評判の、このコーナーを始めるとしましょう!

今日のお題は「ミルク」そう、牛乳です!

ドイツ語で「ミルク」「ミルヒ」と言います!

die Milch

(dieとは冠詞の事で、英語で言えばtheに当たりますが、ドイツ語の名詞は男性・女性・中世に分かれていて、冠詞もder・die・dasと、それぞれ変わります)

英語のmilkと似てますので、簡単に覚えられそうでしょ?

突然ですが、みなさん!シシィ(エリザベート)と言うお姫さまをご存知でしょうか?

シシィはミュージカルにもなり、世界中に熱狂的なファンがいるのですが、実は母上、このシシィが大嫌いなのです。

その理由は、シシィがこんな人だったから!(以下はウィキからの引用)

皇后でありながら君主制を否定していたとも「進歩的な女性」と評されることもあるエリーザベトだが、実際の彼女は尊大、傲慢、狭量かつ権威主義的であるのみならず、皇后・妻・母としての役目は全て放棄かつ拒否しながら、その特権のみほしいままに享受し続け、皇后としての莫大な資産によってヨーロッパ・北アフリカ各地を旅行したり莫大な額の買い物をしたりする等、自己中心的で傍若無人な振る舞いが非常に多かった。

当時のベルギー大使夫人は、「この女性は本当に狂っています。こんな皇后がいるのにオーストリアが共和国にならないのは、この国の国民がまだ寛大だからです」と書いている。

ここには記されていませんが、シシィは美容にも関心が強く、美しい肌を保つために、ミルク風呂に入っていたのです。

国民の血税で贅の限りを尽くし、揚げ句の果てには、国民にミルクが行き渡らなくなるほどミルクが不足し、人々は反乱を起こします。

なぜに、こんな話を持ち出したかと言いますと、「ミルヒ」をまだ覚えられない方のために、フレーズを用意したのですが、この話がベースになっているからなのです。

当時の国民は、夢に見るほどミルクが欲しかったに違いありません!

と言う事で、こんなん、用意しましたけど?(* ´Д`*)=3 ドウカナ?

国民がミルクを夢見る日(ミルヒ)!

どうでしょうか?これで覚えられそう??(=^_^=)

そうそう、Milchと以前勉強したKuh(牛)をくっつけると、Milchkuh(ミルヒクー)は「乳牛」となりますので、余裕がある方は覚えちゃって下さい!

では私はこれから、たこ焼きをマウジーちゃんと仲良く食べますので、これにて失敬。

プロフェッサー・ロミーでした。

チュ〜ス!♪v(*’-^*)^☆

今日のドイツ語も、楽しんで頂けましたら・・

Ninki

↑カテゴリーを「ヨーロッパ」に浮気中!

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、誠にありがとうございました。m(。≧Д≦。)m