jump to navigation

ほろ苦いエピソード。 2010年 12月 11日

Posted by yukialice in つぶやき, アリーチェ.
6 comments

今日はバドミントンの日なのですが、アリーチェが来週、数学のテスを控えているので、お休みする事にしました。最近、土曜日に用事が詰まって、バドミントンはさぼり気味。。

さて今日は、ネタが切れたので(笑)、アリの小さい頃の写真でご容赦下さいまし。*^_^*

2002年夏 アリ4才、浦和(現さいたま市)のマンションのピロティにて

持ってるヒモには、シャボン玉の容器が付いています。

このワンピースも、どこぞやのフリマでゲットしたものでした。(^O^;)

2年くらい前までは、私が買い与えた服を着てくれていたのに、今は自分で選んだものしか着なくなりましたね。。(´ヘ`;)

キティちゃんの服は着ているようだけど、カワイイ系やラブリー系は卒業したのかな?

当時、アリーチェはあとうと比べると、全くと言っていいほど手がかかりませんでした。

おいたをしても、「○○だから、これはやっちゃいけないよ」と諭すと、同じ事を繰り返す事はありませんでしたし、反抗的な態度もまだないのです。

この写真を見ていたら、胸がきゅっと苦しくなるエピソードを、今思い出してしまいました。

アリは当時、ピアノを習っていたのですが、何度か練習をするように言っても、まだ練習をしようとしなかったアリに、超機嫌が悪かった私は・・

「そんなにママの言うことが聞けないんだったら、出て行きなさい」

と、怒鳴ってしまったのです。(良いママは、真似しないでね!)

そしたらアリ、ホントに家から出て行ったんですよ。

かなり慌てました。。

あとうにも悪いことをしたら、同じように「出て行きなさい!」と言った事がありましたが、あとうは泣きながら「いやだ〜」と言うくらいでしたので、アリにも同じ反応を期待していたのです。

すぐに追いかけて、家を出た理由を訊くと・・

「ママが出て行きなさいって言ったから、言う通りにしたの」と、しゃくり上げながら返事をしたので、驚きました。。

「出て行きなさい!」と言われて、言う通りにする子どもは、いるはずがないと高をくくっていましたから。

それにしても、アリがピアノを練習しなかったくらいで、私は怒鳴りつけて叱ったのですから、よほど機嫌が悪かったんだと思います。

昨日話題にしたタイムトラベルが可能なら、「出て行きなさい!」と言う前にタイムスリップしたいなぁ。

アリはさすがにあの時の事は覚えてないようですが、私は死ぬまで忘れられそうにありません。

育児でいっぱい失敗しながら親も成長するのでしょうが、親として情けないな、と思う事は今でもあるし、これからも同じなんだろうな、と思います。

ホントはアリーチェの写真を載せるだけのつもりだったのに、このエピソードを思い出しついでに書いたら、落ち込んでしまいました。(笑)←って、笑ってるやん!

親もストレスが溜まると、言ってはいけない事を、つい口走ったりするんですよね。反省反省。。

今し方、隣でバイオリンの練習をしているアリに、このエピソードを話したら、爆笑されました。

↑の2枚目の写真と同じ笑顔で。(=^_^=)

まだまだ素直で無邪気なアリーチェに、クリックプリーズ!(^_-)-☆

Ninki

↑カテゴリーを「ヨーロッパ」に浮気中!

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、誠にありがとうございました。m(。≧Д≦。)m