jump to navigation

猫でもできるドイツ語講座 パート99 2011年 2月 13日

Posted by yukialice in ドイツ語, ロミー, 頂き物.
6 comments

どうも、どうも〜!今週も、皆様お待ちかねのこのコーナーがやって参りました。

暖炉の上の置物と化した、プロフェッサー・ロミーです。>^o^<

では今日も、楽しくて為になると評判のこのコーナーを始めるとしましょう。

早速ですが、今日のお題は「列車(電車)」です!

「列車(電車)」はドイツ語で「ツーク」と言います。

der Zug  複数形 Züge(チューゲ)

アクセントは「ツ」に掛かりますので、「ツ」を伸ばす感じで、最後の「ク」はやや弱めに発音すると、それっぽく聞こえますぞ。(‘∀`)

英語ではtrainに当たるこの言葉、列車以外にも沢山の意味がありまして、「行列」「行進」「展開」「活気」「牽引」「衝動」「通風」「顔立ち」等々、まだまだ山ほどあります。

ただ、あとう兄さんやアリーチェ姉さんが通学に使われている路面電車は、「ツーク」ではなく「バーン」と言いまして、これはまた別の機会にでもご紹介したいと思います。(^_-)-☆

ではツークをまだ覚えられないあなたの為に、今日も私がフレーズを用意しましたので、ご覧下さい!

列車はすぐに着ーく(ツーク)。

なーんて、いかがでしょうか?(* ´Д`*)=3 キビシイ?

今日のドイツ語も、私の楽しい講義のお陰できっと覚えられたハズ?

では私はこれから、マウジーちゃんと雪だるまを作って遊びますので、これにて失敬。(=^_^=)

プロフェッサー・ロミーでした。

チュ〜ス!♪v(*’-^*)^☆

♡オマケ♡

親戚のゆう子ちゃんから戴いた、文庫本のカバー2種。

カバの絵の方は、アートデザイナーのゆう子ちゃんのご主人様作でその名も「ブックかば」(笑)

そしてアナログの文字入りは、コピーライターのゆう子ちゃん作で

「好きな作家の本はデータじゃなくて紙で読む」と言うキャチが入っています。

とても個性的なデザインですが、紙製なのが残念。。

文庫本を読む時は、はっぱさんから戴いた左の赤い塩ビ製のカバーが大活躍。(‘-‘*)アリガト♪

栞ヒモもついてるの優れ物です。

ブックカバーや栞って、読書好きには嬉しいプレゼントだったりしますよね。§^_^§

ゆうこちゃんへ、一緒に送ってもらった本は戴いたカバーをつけて読んでますよん。<(^^)

今日のドイツ語も、楽しんで頂けましたら・・

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆