jump to navigation

3/6 今朝のアリ? 2012年 3月 6日

Posted by yukialice in Uncategorized.
8 comments

今朝のウィーンは晴れで気温はマイナス3度。日中の予想最高気温は6度となっております。

実は本日、ブログに写真がアップロードできない不運に見舞われておりまして、今日の分の写真は明日以降に公開しますね。

では今日は昨日予告した通り、一昨日の日曜日にブログの読者様との食事会の模様を、高野君が記事にしてくれましたよ!

記事を書く上での私のリクエストは、「臨場感たっぷりに!」です。このリクエストをクリアできたかどうか、どうぞごゆるりと読んで下さいませ〜。高野君、ありがとねん!

ええっと、高野です。ゆきさんが飲む→近所に僕がいる→僕が代筆、このパターンがこのごろ定着してきました。まぁお誘いを受けた時すでに予想はしていましたけどね。

さてさて先日のゆきさんブログの読者様でキャビンアテンダントのJ子さんとのお食事会はBrandauers Bierbögenというところでした。レストランURLはコチラ→http://www.bierig.at/index.htm?LANG=bib

地下鉄4号線と6号線が交差するSpittelauという駅から歩いてすぐのところなので、6号線ユーザーの僕としてはなかなかイイトコです(店を発見するのがちょいと難儀しますが、その理由はまぁ・・・・コメント欄で質問あったらお答えします。そんな大したモンじゃありません)。

店の作りはまぁ普通なんですが結構広い。テーブルとテーブルの間隔を充分余裕をもたせて、お客さんがゆったり食事を楽しむことができるような空間だったのが嬉しいところでした。また、オーストリアのレストランには珍しく愛想のいい店員さんばかりでした。まず環境については、僕の基準では10点満点中結構高い点。

料理も結構おいしいものだったので書きたいんですが、今回のメインディッシュはそれじゃなくてキャビンアテンダントのJ子さん。

ゆきさんから「大阪出身でものすごい美人だよ」と聞いていましたが、本当に美人な方でした。

「彼女に大阪弁を喋らせてみて」とお誘いを受けた時(だったかな?)ゆきさんが言ってましたけど、「そんなん、丁寧に話すことに慣れてるキャビンアテンダントさんがベタベタの大阪弁なん喋るかいな」ってのがその時の僕の心の声でしたが、J子さんは僕が話す前にすでに大阪弁でした。

「普段はあまり喋らずおとなしい」ってのが僕のキャビンアテンダントという人の勝手なイメージでしたが、彼女はそのイメージを完全に覆してくれました。いやもう、こんなに話しやすい方とは思いませんでしたよ。

お会いして話が始まってすぐ「高野くんは、もうブログでみたそのまんまの人で安心した」というJ子さんの言葉が面白かったッス。なんか、声も想像通りだったようで。そう言われると、なんだろう、なんか嬉しいな。。ちなみにブログの中の僕をご存知の方というのは一体どういう想像をされてるのかと、繊細な僕は気になってしまいます。まぁそれはいいや。

とにかく面白い方でした。「家の近所の綺麗なおねーちゃん」みたいに、気軽に話ができる方でした。色々お話をさせていただきましたが、僕も飲んでたから店の中での会話の細かいのはあんまり覚えてないや・・・・一番よく覚えてるのは入店後飲み物をオーダーした後(だったかな?)「私も飲むんだよね。飲むと会話の内容忘れるんだよね。だから高野君ブログ頼んだよ」と満面の笑みでそういったゆきさんの言葉。これを人は「責任転嫁」という。こう一言ポツリと言うと「イジリ」という名の矢が100本くらい飛んできます。これもJ子さんには大受けだったようで。いやもう、終始楽しいひと時、この一言に尽きる時間でした。

レストランでの食事を終え、僕はJ子さんをそこから彼女が滞在されていたホテルまで案内すべく、ゆきさんファミリーとはここでお別れ。そこからの道中は純カンサイジントークでずっと喋ってました。

冬にウィーンへ旅行に来た友人たちが口を揃えて言うのが「クリスマスが綺麗」ですが、J子さんもやはりお気に入りのようで。いつかその時期に1週間くらいゆっくり見られたらいいですね(仕事柄やはりそうもいかないそうで)。

とまぁこんな感じでした。僕なんぞ、ブログの一登場人物に過ぎないのにこういった楽しい場所に誘ってくださるゆきさんにはもう本当に感謝感謝。。。僕の文章力ではこの楽しさを伝えるのがなかなか難しいのでゆきさんに写真添付というお仕事をあげてワタクシメは退散させていただこうかな。。

J子さん、来てくださってありがとうございました。。次いつお会いできるのかな。来週くらい?

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆