jump to navigation

フリッツ・クライスラーの夕べ 2012年 8月 12日

Posted by yukialice in アリーチェ, ウィーン.
trackback

今日の午後、20日締め切りの仕事を終えてちょっぴりのんびりするつもりが、来月締め切り分の仕事が既に手元に届いたので、来週バカンスで不在にすることを考えると、やっぱ今のうちから手を出した方が良さそう。(笑)

ま、今日はそれなりに頑張ったので、ブログを書き終えたら、本でも読んで気分転換♪

さて今日は、金曜日にマリアフィルファー教会で行われた太地君のコンサートの模様をご覧下さいませ。

今回は「クライスラーのガラ」と題され、オーストリアの作曲家、フリッツ・クライスラーの作品(『愛の悲しみ』、『愛の喜び』、『美しきロスマリン』等)が演奏されました。

太地君の演目は、曲想が軽快な『シンコペーション』。

大きなコンクールに出まくってるから、緊張した面持ちは全くなく、演奏自体を楽しんでる雰囲気が観客に確実に伝わって来る様な、爽やかさと自信がサラリとブレンドされた仕上がり。

若手のオケも指揮者を筆頭に美形揃いで、ビジュアル的にも見応えがありました。(笑)

全ての演目が終わり、演奏者が並んでお辞儀をする直前のシーン。

取りを努めたピンクのドレスのロシア人女性が演奏した『中国の太鼓』も素晴らしかったな。

マリアフィルファー教会の前は、何度も通ったことがありましたが、中に入ったのは今回が初めて。

綺麗なステンドグラスや天井絵も見られるし、ミイラさんもいらっしゃるので(笑)、是非ウィーン在住の方は一度、覗いてみて下さいまし。

そうそう、ブログの読者様から、旅行中にも関わらず、「ブログを見て、コンサートに来ました!」とお声を掛けて頂きました。

お名前を失念してしまいましたが、来月までウィーンにいらっしゃるそうですので、楽しんで下さいませ。よろしければ、猫カフェにもお顔を出して頂けると嬉しいです。(笑)

コンサートが終わった後は、Y木博士ファミリーと7Stern(ビールが美味しいレストラン)に行く予定だったのですが、教会から7Sternに歩いて行く途中で偶然見つけた雰囲気良さげなイタリアンに入っちゃいました。(笑)

アリーチェって写真で見るとすご〜く大人っぽく見えると思いますが、実際見ると結構お子ちゃまなんですよ。

そうそう、ここのイタリアン、ピザ、パスタそしてデザートも美味しく、ボリュームも満点でみんな大満足で11時くらいまで食ってました。(太るね(笑))

TRATTORIA – I CARUSI
Kirchengasse 21
A-1070 Wien

Y木博士、エーゲ海クルーズの旅の画像をさっさとブログかFacebookに載せてくれ!

舐めると甘かったらしい(本人がそう言っておりました)スイートの部屋もしこたま見たいし。

ウチら貧乏人は1週間後、自家用車でイタリアを回ります。

聞こえは良いかもしれないけど、日本だと東京から大阪に車で行く様なもんっすよ。(笑)

それでも美味しいものが食べれるから、超楽しみですけどね。

平日も日曜日も働いても、貧乏旅行しか出来ない我が家に、クリックプリーズ!

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆

仕事が多忙な為、コメントのレスはお休みを頂いております。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。