jump to navigation

読書の秋にオススメな一冊。 2012年 10月 22日

Posted by yukialice in アリーチェ, 英語・ドイツ語, 友だち, 書籍.
trackback

今日はまず、日本人学校の夏祭り(いつのことだよ〜?(笑))でゲットしたこちらをご覧下さい。

左からハズレがない横山秀夫モノ、軽いものをサラリと読みたい時に重宝する東野作品(笑)、『モダンタイムス』以来、さっぱりヒットがない(ワタシ的にね)伊坂幸太郎に加え、イタリアを車で旅するガイドブックも発見したので、次の機会に参考にしまする。

この夏祭りにバドミントン友のF氏とY木博士も来てて、みんな読書好きなので、買った本を見せっこしながら、ここ最近で面白かった作品の話になった時、共通していたのがコレ!公式サイトはこちら

久々にハマった一冊です。去年の作品なので、読んだ方も沢山いらっしゃるかもですね。

タイトルでもある「ジェノサイド(大量殺戮)」という言葉、日本人には無縁な響きがありますよね。

そんな平和ボケの日本人に、著者がガツンと喝を入れてくれた気がしましたね。

舞台は日本(新薬開発)、アメリア(政治)、コンゴ(傭兵の戦闘舞台)の3つに別れ、ストーリーが目まぐるしく交差しつつ、スピーディに展開します。

中には著者の戦争・歴史観に頭を傾げたくなる様なくだりもあるのですが、その辺はぐっと我慢して途中で挫折せず、最後まで読むと作品の本質を捉えることができるはず。

ストーリーはストーリーとして流し、本質とは別と割り切って読まないと、途中で著者が嫌いになる可能性大。(笑)

ハリウッドで映画化されてもいいんじゃね?くらいのスケールのデカさと、著者の知識に脱帽モノの一冊。

秋の夜長にいかがでしょうか。

では最近登場してないアリーチェのショットをひとつどうぞ。

アリーチェ☆ソフィ

9月から始まった新しい学校ですが、既にドロップアウトが2名、出ているそうです。(笑)

3次まであった入試をパスしたのに、もったいない。。入れなかった子がかわいそう。

テストもまだなので、この2名はただの怠け者みたいです。

では久しぶりに、英語・ドイツ語のフレーズ、やりますよん。今日のテーマは「やっぱり家が一番!」です。

There’s no place like home.

Daheim ist es am besten.

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みなのですが、例外等もありますのでこちらを参照下さいませ。尚、ドイツ語は文頭は勿論、文中にも名詞が来る場合は、単語は大文字から始まります。

今日もそれなりに楽しんで頂けましたら、クリックプリーズ!

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆

仕事が多忙な為、コメントのレスはお休みを頂いております。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。