jump to navigation

ぐらの様子。 2012年 12月 1日

Posted by yukialice in ぐら, 頂き物.
trackback

数日前に、ちょっぴり早めのクリスマスプレゼントが八王子在住のYさんから届きました。

5412

キティちゃんのポケットハンカチと、レーザーでカットされた猫ちゃんの名詞は名詞ラボのものらしいです。

ハンカチの柄がユニオンジャックなのが、イギリス好きのアリには嬉しかったよう。

Yさんとは、去年新宿でのオフ会でお会いし、Facebookでも交流させて頂いています。

いつも美味しいものを食べてらっしゃるので、画像が目に毒状態ですが。(笑)

ぐらのオペ後に届いたので、何となく勝手にお祝いして頂いたかのような気持ちになり、とっても嬉しかったです。Yさん、お気遣い、誠にありがとうございました。同僚の荒川先生にもよろしくです。

ぐらがオペをする前に、オペ後はきっとトイレの屋根が邪魔になると思い、屋根を捨てるつもりで玄関の前の置いてたら、ぐら君が「捨てないで下さいよ」とばかりに、屋根の中で寛いでました。

5413

今のぐらの感じだと、エリザベスカラーが取れたら、屋根があっても大丈夫そうなので、捨てないで取って置くことに。。

さて、最近のぐら君ですが、オペ直後はとっても元気だったのに、水曜日辺りから、朝私が起きても、ご飯のおねだりはしないし、昼間はずっとベッドの上で寝てるだけ。。

オペ後に打ってもらった痛み止めは、2日間はしっかり効くとの事でしたが、3日目の水曜日からは処方してもらった薬を飲んでるだけなので、もしかしたら痛みが堪えてるのかな?

こちらはご飯を食べてるぐら。

5414

食事も、トイレも自分で出来ますが、たったひとつ、出来ない事が分かりました。

それは後ろ脚で、耳の後ろを掻くと言う動作。

それに気づいたのは、二日前の晩、ぐらが傷口を上にして、風呂場のタイルの上で寝転がっていた時、横一直線の真っすぐな傷口が、ぐらが力を入れた瞬間に「へ」の字に歪んだのです。

猫が後ろ足でやる事と言えば、耳の後ろを掻く仕草が一番に思い浮かび、私が代わりに掻いてあげると、気持ち良さそうな表情で、もっともっとと言わんばかりに前脚で、催促して来ました。

私が掻いている間、自分で掻いている錯覚を起こしたのか、ぐらはぐっと力を入れ傷口を「へ」の字にするのです。

私が手を止めると、ぐらの傷口も直線に戻り、また掻き始めると、「へ」の字に戻る。

脚を失くした事はぐらも分かっているけど、体はまだ脚がある時のままの感覚が、残っているようです。

力を入れて「へ」の字に歪んだ傷口は、痛くないのかな。。

右の後ろ脚は残っているけど、両脚がないと、片脚だけでは耳の後ろって、掻けないんですよね。

前脚は毛繕い専用だし。。

これからは、私たち家族が順番で掻いてあげるよ。

と言う訳で、最近のぐら君は、以前に増して、寝てばかり。。

食欲も、落ちてます。

大きなオペをした後だから、仕方ないですね。

来週の金曜日は、抜糸の予定。同時にエリザベスカラーも取れるといいけど。。

では皆々様も、良い週末を!

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆

仕事が多忙な為、コメントのレスはお休みを頂いております。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。