jump to navigation

国産ごまが貴重なワケ。 2013年 1月 18日

Posted by yukialice in ウィーン, 頂き物, , 書籍.
trackback

こちらは去年の9月にウィーンにいらしたSこさんから頂いたもので、すっごく遅くなりましたが、ご紹介させて頂きます。

5525

左から日本で大流行りの塩こおじ、国産いりごま、金時生姜ジャム。

実際はこんなにたくさん頂いたのですが、当時かなり忙しくて、個別に写真を撮れなかったのです。

最近、その中からちょっと珍しいものだけをピックアップして撮りました。

塩こおじは色んなお料理に使えるそうですが、Sこさんのオススメは唐揚げでしたので、一晩コレにつけ込んで揚げたら、ジューシーで本当に美味しかった!

真ん中の国産いりごま、実はすっごい貴重品なんです。

日本では年間17万トンものごまが消費されていますが、国産のごまはその0.1%にも満たないそう。

ごまの生産は手間がかかる上に、機械化できない部分が多いため、日本では希少価値が高くなっているとおっしゃっていました。

こんなに貴重な国産ごまを数袋も頂きました!

右の生姜ジャムはソーダに入れるとジンジャーエールになるんですって。

まだ試してないけど、生姜好きなので、楽しみ♪

それから写真には載せてませんが、私の大好物の柚子ごしょうも、誠にありがとうございました。

さてこちらはダン・ブラウンの作品で「ダヴィンチコード」(英語)と「天使と悪魔」(ドイツ語・日本語)。

5526

数ヶ月前からアリーチェが突如、読書にハマり、数日前に真ん中の「天使と悪魔」を1ヶ月掛けて読了。

コレって、大人が日本語で読んでも難しいのに、頑張ってと言うか、楽しんで読んだようです。

私ははっぱさんから単行本をお借りして読んだら、すごく面白かったので、いつかまた読む時のために文庫本で上・中・下巻揃えたのでした。(はっぱさん、来月はお会いしましょうね!!)

昔、「ツインピークス」が流行った頃、ツインピークスツアーがあった様に、「天使と悪魔」も似た様なツアーがあったら、ゼッタイ参加したい!と思い、アリーチェに告げると・・

「あるよ〜、ウチ調べたもん」

やっぱり親子だな。(笑)

にしても、映画の「天使と悪魔」は、原作の面白さがさっぱり表現されてなくてがっかり。

アリは明日、「ダヴィンチコード」のドイツ語バージョンを買うので、英・日・独が揃う!

私は日本語バージョンしか読まないけど〜。(笑)

ウィーンの辛気臭い冬も、面白い本さえあれば、軽く越冬できるよん。

今日も飽きずに一日雪が舞っていたウィーン。

5527

月曜日に新年会があって、おしゃれして出かける予定なのに、ぶっさいくな雪靴履かなきゃいけないかも?

日曜日まではしっかり寒いらしいので、晴れても溶けないだろうな。。

では今日の〆は、猫カフェのモモちゃんにお願いしましょ。

5528

「モモは妊娠してるの?」と、お客様から良く訊かれます。(笑)

「ちょっぴりふくよかなだけです!」と、返事してますが、なぜか爆笑されるんですよね。

今週も、夫婦揃って仕事が忙しく、楽しみにしているバドミントンにも行けません。

皆々様も、暖かくして、週末を過ごして下さいませ。

今日もそれなりに楽しんで頂けましたら、クリックプリーズ!

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆

仕事が多忙な為、コメントのレスはお休みを頂いております。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。