jump to navigation

息子、成人しました。 2013年 3月 31日

Posted by yukialice in あとう, ブローニャ, ワイン, 頂き物, .
trackback

本日、息子のあとうが18歳になりました。

日本は二十歳が成人ですが、オーストリアでは18歳で大人とみなされます。

成人すると、選挙権と車の免許が取れるようになり、酒とタバコは16歳からオッケー。(笑)

親が許せば、12歳からタバコも吸って良いことになってるこの国。おかしいだろ〜。

今日は主人の誕生日でもあるので、ウィーンのハハが食事と誕生日トルテでもてなしてくれました。

ぴっかぴかの笑顔の息子。

5446

中身はすっごいお子ちゃまですが、一応大人の仲間入りを果たしたみたいです。

帰りにハイナーに寄ると、春先限定のいちごのエクレア、売ってました〜。(嬉)

5447

私は右のチョコレートケーキも外せず(笑)、両方ゲット。

こちらはりんごさんから頂いたバースデーカード。

5448

左が息子、右が主人用です。

息子って、私に似て酒のみになると思いきや、全く興味がないのです。残念。。

興味があるのは、ゲームと漫画。(笑)

5449

「ワンピース」21〜30巻、まとめて頂きました。

りんごさん、いつもありがとうございます!!

やっぱり届いてすぐ全部読んじゃってましたが、最近は、アラレちゃんを再読してます。(笑)

こちらは先週ウィーンにいらしたJ子さんからのプレゼント。

5450

「私を床に押し倒して」と言う、過激な名前の白ワイン。(笑)

今晩、コレ飲んでお祝いします。J子さん、ありがとう!

最後に、あとうを激愛されているブロちゃんからひと言、お願いします。

5451

元々、息子が大好きなブロちゃんですが、数年前に難病を患ってからは、あとうに対する愛情が明らかに強くなられました。

薬の副作用であとうが臥せった時は、常にブロちゃんが傍らで寄り添うように寝られてましたし(アリーチェ曰く、ただ眠かっただけじゃん(笑))、あとうが学校から戻ると、毎日大歓迎で迎えて下さいます。

にしても、自分が成人した子供を持つ母になるとは・・・、年取る訳ですね。(笑)

今日から夏時間になったウィーンですが、昨晩から雪が降り続き、気温も1度しかありません。。

日本も寒が戻って寒いと聞きましたので、皆々様も、暖かくしてお過ごし下さいませ。

18歳になった息子に、お祝いクリック、よろしくお願いします!

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆

仕事が多忙な為、コメントのレスはお休みを頂いております。

広告

コメント»

1. YASUKARITTA - 2013年 3月 31日

あとうくん成人おめでとうございます!
お酒とタバコ、国によって違うのは知っていましたが、親が許すと12歳でもOKというのは衝撃的でした(^ω^;A)
ブロちゃんいつまでもあとうくんと仲良しで~!o(^ω^)o

2. りんご - 2013年 3月 31日

改めまして

あっ君、ぴっかぴかの成人おめでとうございます!!

奇しくもバースデーカードがお祝いのシャンパンでピッタリでしたね。

ブロちゃん、あっ君をよろしくです。
絶対守ってくださいね、お願いします!!

あっ君、こんな美猫さんに愛されて幸せ者だーー(●´艸`)

3. カピバラ - 2013年 3月 31日

あとうくん、成人おめでとうございます!!
16歳からお酒とタバコOKなんですよね。娘の学校で、タバコ吸ってる子がいたり、ビール瓶が転がっているのを見たときはかなり衝撃でした(笑)

4. paprica - 2013年 4月 1日

あ〜、あとう君、笑ってる〜♪ 
Congratulations!!! Keep smiling 🙂

5. ラブ&チェリー - 2013年 4月 2日

あとうくん 18歳で成人ですか~☆  成人、おめでとうございます。
私達の18歳は、まだまだ箸が転んでも笑う(政治経済の先生が、いつも言ってました!)
18娘!
私が20歳の時、アメリカの友人が言ってました。
「アメリカでは、高校生になったらアルバイトをして、学費を払うの。大学生になったら生活費も、学費もアルバイトをして親には迷惑をかけずに、自立するのよ」
私も、そんな生き方素晴らしいと思えたアメリカンドリーム☆

異国の地に暮らし大変な苦労もあったと思いますが、今の私が ヨーロッパを旅して、大きな
希望と地に付いた思考を身につけられたのは、島国のちっぽけな事、だけでなく 時代の流れに負けない努力と、長い歴史を今も守り続ける 素晴らしい愛国心と人間愛。

ヨーロッパハイキング◆オーストリアとハンガリーの人々が、国境の壁を開ける未来を作った
情熱的な出来事。 救われた東ドイツの人々が、オーストリアで今も明るく過ごしてる。

あとう君も、沢山の誰にも出来ない、経験を もっともっと自分の心の心の引き出しをいっぱいにして、これからも元気に輝いていてね~☆  

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。