jump to navigation

片鼻呼吸はもっとすごい! 2014年 1月 13日

Posted by yukialice in ブローニャ, ロミー, 美容・健康・ダイエット.
trackback

すみません、今日も昨日に引き続き鼻呼吸の話題です。(笑)

昨日もちらりと登山家の三浦雄一郎氏が、『壮快』の今月号で、片鼻呼吸を推奨されていると書きましたが、その話題を今日は詳しくお伝えします!

以下は、『壮快』今月号の66〜69ページからの引用です。

片鼻呼吸をすると、一酸化窒素が鼻の穴に溜め込まれ、鼻の粘膜から吸収されやすくなり、吸収された一酸化窒素は、毛細血管を通って脳に到達します。脳に送り込まれると、一酸化窒素は、脳の血管を拡張し、血流促進に働きかけ、その結果脳が活性化されます。

また一酸化窒素を鼻の奥に溜め込むことで、神経細胞の集まりで、感情の処理に関わる扁桃核を効率よく刺激します。これにより、イライラが抑制され、気分が落ち着く効果が生まれます。

片鼻呼吸をすると、鼻の粘膜で一酸化窒素が作られ、この一酸化窒素には血管拡張作用があるため、高血圧や心臓病、脳卒中などの生活習慣病を防ぎ、症状を和らげる効果があり、更に脳や肺、胃腸などの生理機能を整える作用もあります。

また一酸化窒素は白血球で大量に生産され、体内に入ってきたウイルスや細菌を攻撃し、健康を保つ働きがあることも分かっています。

と言うことで、片鼻呼吸を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、更に様々な健康効果を得ることを期待できる!と言う訳です。

ではここで、片鼻呼吸のやり方を紹介しましょう。

1)右の鼻の穴を指で押さえ、口を閉じ、左の鼻の穴からゆっくりと呼吸する。大きくゆっくりと10回繰り返す。

2)左の鼻の穴を押さえ、同様のことを繰り返す。

1日1セット、できれば朝起きた時に行う。

長年、この片鼻呼吸を実践されている三浦雄一郎氏は、片鼻呼吸を始めてから全く風邪を引かなくなったそうです。

エベレスト登頂後、強い紫外線によって顔の皮膚が真っ赤になり、下山すると皮がむけてボロボロになるのに、三浦氏の場合、2週間で皮膚がほぼ元に戻るそう。この新陳代謝の高さも、片鼻呼吸によるものだと、三浦氏はおっしゃっています。

そして80歳でエベレストに登頂できた一つの要因に、片鼻呼吸を挙げることができるとも言及されていました。

そして三浦氏のお父様も、長年片鼻呼吸を実践されていたのですが、97歳の時に脳の血流の検査を受けられた時、にゃんと40代のものだと診断されたそうです。

ね、すごいでしょうブロちゃん!私も今朝から始めたんですよ。ボケ防止も兼ねて。

5954

あっ、片鼻呼吸の記事がすごすぎて、ダイエット呼吸法のを読むの忘れちゃいました。(笑)

片鼻呼吸、すごい!と思っていただけましたら、クリックプリーズ!

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆

広告

コメント»

1. paprica - 2014年 1月 14日

すごいっ!!片鼻呼吸、10回ずつなら毎朝できそう!!やってみまーす♪
記憶力向上っていうのが嬉しい効果です。詳しく説明してくださって、どうもありがとう、Yukiさんっ。

yukialice - 2014年 1月 17日

片鼻呼吸、すごいでしょう??
私は一日2、3回やってます。
腰を痛めてから、ミラクルダイエットができなくなったから、
今度は呼吸法を取り入れたダイエットをやってみます。
最近、食べ過ぎてまたお腹がたるんできたよー。(涙)

2. ユニバーサル大道芸 村田 ラッキー - 2014年 5月 9日

片鼻呼吸 凄そう!ボケ防止 脳の活性化 やりま~す 実践します

yukialice - 2014年 5月 11日

ぜひぜひ!それにしても、素晴らしいお名前ですね。(笑)


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。