jump to navigation

にゃんずの朝の決まり事。 2014年 6月 28日

Posted by yukialice in ブローニャ, ベネディクト・カンバーバッチ, ロミー.
4 comments

人間が朝起きて、仕事に行くまでにやる事と言うのは、毎朝大抵決まっていると思いますが、我が家のにゃんずも同様に、朝の決まり事があります。

私が洗濯物を干す間、ブロちゃんはじょうろからお水を飲みます。

6225

この時点で、じょうろが空だと叱られるので(笑)、じょうろは常に満タン。

ロミーは猫草をムシャムシャ。

6226

猫草の手前に少しだけ見える葉っぱは、コリアンダーです。

もう少しで食べ頃。

と言う事で、我が家のにゃんずの朝の決まり事は、じょうろでお水と猫草ムシャムシャ。

もちろん、良い季節、数ヶ月限定ですが。

今週の平日は、夜ぐっすり寝てたにも関わらず、朝から晩まで眠気が取れず、さっぱり集中することができず最悪でしたが、やっと今日、眠気も頭もスッキリ!

この5日間は、一体なんだったのか。

って、たまにあるんですよね、眠くてだるくてやる気が出ない日が続くこと。

おかげで今日は、今週ずっとやりたかった、昨年のイングリッシュジャーナル12月号特集の、ベネ様インタビューの原稿に目を通して、付録のCDも何度も聞くことができました。しかしベネ様、早口すぎるぞ。(笑)

アメリカ人インタビュアーの3倍強の早さで話してる。

しかも使ってる単語が小難しい。

ベネ様がシャーロックの魅力について語っているので、シャーロックを演じるベネ様、ベネ様が演じるシャーロックの両方が大好きな私にとっては、何度聞いても飽きない内容。

冷たく、抜け目なく、且つ人を引きつける。それがシャーロック。(そうそう!!)

インタビュアーがシャーロックについて描写している、このセリフが秀逸。

人を見下ろすほど高みに浮かび上がり、あるいは高みで煌めいているところがあり、軌道を逸したとんでもない勢いで、宇宙を飛んでいるかのよう。

超人並みの記憶力と知性、また思考並みに敏捷な身体的能力を持ち備えたシャーロックは、考えるのと同じスピードで話すことができるので、元々早口のベネ様すら、台詞を覚えるのにはかなり苦労したそうです。

シャーロックの趣味(特技?)が、変装だと言う事も有名ですよね。

6227

「大いなるゲーム」で美術館の警備員に変装したシャーロック。

この制服で襟を立てるのも、シャーロックだから許される。(笑)

シャーロックを演じる上で一番大事な事は、シャーロックが持つ自信を自信を持って演じきる事、だそう。

揺るぎない確固たる自信が、シャーロックの最大の魅力。

こんなにも俳優さんに入れ込んだのは初めて。

ベネ様大好きなんで、他のドラマや映画も何本も見たのですが、シャーロックじゃないと好きになれなかったのは確かですね。(笑)

ベネ様を「シャーロック」に起用してくれたBBCに感謝。

「シャーロック」を起点に、世界に羽ばたかれてしまったベネ様ですが、彼の謙虚な姿勢は、据え置かれたまま。

ベネ様の魅力もシャーロック同様、計り知れなくエンドレスなので(笑)、ここいらで、お二方に〆て頂きましょ。

6228

ベネ様に興味がないのに、最後まで読んで下さった皆様、ありがとうございます。(笑)

ベネ様ネタは、スコーンと飛ばして読んだあなた様も、クリックプリーズ!

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆