jump to navigation

お財布の替え時は? 2015年 12月 14日

Posted by yukialice in ロミー, .
trackback

今日最初にご覧頂きますのは、スモークサーモン!

8559

ご存知の方も多いと思いますが、ノルウェー産の養殖サーモンには大量のダイオキシンが含まれていますので、購入するときには、消費者テストにパスしているか(このスモークサーモンはパッケージの左上に表示されています)、養殖でないかどうかをチェックすることを、お忘れなく。

あと、回転寿司のサーモンもパスしたほうが無難とのこと。

詳しくは、こちらをご覧ください。

サーモンって、アンチエイジングの特効薬として知られるアスタキサンチンを多く含むので、なるべく摂るように心がけたいのですが、ダイオキシンを含むものを食べたら、全く意味がないですからね。

以前ご紹介したたこ焼き風カリフラワーを、かなり頻繁に作ってます。簡単で、美味しいので。

8600

で、たこ焼きには欠かせない青海苔ですが、ボトル入りもあるって、知ってました??

コレ、すごく便利。

去年の夏に、知り合いがウィーンに来た際、青海苔をリクエストしていたら、ボトル入りが使いやすいからと、買ってきてくれたのです。

以前は、袋入りの青海苔を小皿に移して、スプーンですくって使っていたので、微妙に皿に残った青海苔の処理にいつも困っていたのです。

ま、袋に戻せばいいんでしょうけどね。(笑)

2年ほど使っていたお財布が傷んできたので、先月買い替えしました。

8601

落ち着いた色味のピンク。ブランドは秘密ということで、フルラの猫ちゃんの小銭入れを上に置きました。(笑)

以前この小銭入れをブログに載せたとき、数名の読者様から、色違いを持っているというコメントを頂き、さすが猫ブログの読者様だなー、と感心したのを覚えています。

むかーし、職場のボスにグッチの長財布を頂いたとき(バブル全盛期だったんで)、財布が傷まないように、小銭は小銭入れに入れるようにアドバイスされたので、今でもそうしています。

バッグは黒、茶、白と割とコンサバなものしか買わないのですが、表にあまり出ないお財布だけは、ちょっと冒険してもいいかなという気持ちで、前回もオレンジを使っていました。

あ、そのオレンジの財布は、今アリが使っています。(笑)

2年も使ったので、ちょっとくたびれてますけど。

この新しい財布を買うときも、アリにどの色にするか相談しました。

で、アリ的即決だったのが、このピンク。

普段アリは、ピンクなんて服もメイクも選ばないので、ちょっと不思議でしたね。

次回財布を買うときは、水色にして欲しいとのリクエスト、既にあり。(笑)

日本では毎年、お正月や春先に新しいお財布を下す習慣がありますよね。

私は2年に一度で十分な感じです。

皆さんは、毎年、買い換えていますか??

そうそう、夏に日本に帰国した際、お友達とお食事したり、買い物したりしてレジでお金を払うときに、みーーーーんなお財布がコーチだったんです。

バッグは別のブランドでも、なぜかお財布はコーチでした。

コーチのお財布、縁起がいいとか?(笑)

今日の〆は、息子の背中に乗ったまま降りないロミー。

8602

「ママ、助けて〜?」と息子。

この体勢、続けてるとしんどいですけど、

無理やり下すと、ロミーがかわいそうなので、自分では下ろさないんですよ。(笑)

だからいつも私が抱っこして下ろしてます。

一人のときは、どうしてるんだ。(笑)

では皆々様も、良い一週間をお過ごし下さい。

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆

勝手ながら、コメントのレスはお休みをいただいております。

広告

コメント»

1. まんまる - 2015年 12月 15日

サーモンについて。 初耳でしたので、ちょっと調べてみました。
↓ こんな検証をしている方が居ます。
http://togetter.com/li/889639 
それとは別に、東京都健康安全研究センターの資料によれば、10年前の調査ですが、一番 濃度の高かったノルウエー産のサーモンも、体重50キロの人が年間14キロ(1日40グラム)のサーモンを一生涯食べ続けない限り 大丈夫な価だそうです。
http://www.tokyo-eiken.go.jp/assets/issue/journal/2005/pdf/56-37.pdf

2. まんまる - 2015年 12月 15日

ご免なさい。 リンクが巧くいっていないようです。

http://togetter.com/li/889639
デマ検証:「ピンクのサーモンは危険」と脅かすfearmonger

アドレスをコピペして 見てみて下さい。

yukialice - 2015年 12月 15日

まんまるさん、お久しぶりですがお元気にされていましたか。

うーん、これがデマなのなら、どうしてこんなデマをでっちあげる必要があったのか、ノルウェー産のサーモンが安全性に欠けるとして、ノルウェーの科学者たちが警告しているの理由、そしてその科学者たちが国(政府)によって現場から干されている現実、うまく結びつかないんですよね。

あと養殖物を天然物として売る業者も多くいるらしくて、それも問題になっているようです。

http://www.puresalmon.org/TEMPNorwaySalmonAdvertComplaint29Jan2010.pdf

天然物だから安全という考えも、どうかと思いますけどね。
自然界にも毒物は必ずありますし。

以前よりはダイオキシン濃度が低くなり、安全であるという記事もあります。

http://www.nydailynews.com/life-style/eats/norway-farmed-salmon-safe-public-eat-article-1.2047012

これを読んでも信用できない人、安心して食べちゃう人、もう個人の考えに委ねるしかないですね。

私はとりあえず、激安のサーモンを買うのは控えておこうと思います。(笑)

3. まんまる - 2015年 12月 16日

こんにちは。 私の事 覚えて戴いた上にコメント返して頂いて 光栄です。

専門的な事って 専門家でないと解らないので、ホント 個人の価値観に委ねるしかありませんが、私は この頃、世の中 不安を煽る事を 善 と考えているような人も大勢いるんだなと感じています。 それと 政権批判をする為に、国が定めた環境基準が甘い!現政府は無能だ!国民を蔑ろにしている!って煽る人もいるとも感じています。

私は、『本当は怖い なんとか』って記事を見た時は、上記検証をしている方も薦めているように 原典を見る事にしています。

『本当は怖い!なんとか』と言っている人が『本当の事』を言っているか?を見定める基準として、キチンと単位とか 諸々の条件を揃えて比較しているか?とか 両論を併記しているか? を見ています。

真実を探すブログさんも引用している 東京都健康安全研究センターの資料には、ノルウエー産のサーモンには 他に比べてダイオキシン等が多く含まれている事も書いてありますが、コメント欄にも書きましたが 体重50キロの人が年間14キロ(1日40グラム)のサーモンを一生涯食べ続けない限り 大丈夫とも書いてあります。
残念ながら 真実を探すブログさんには、その事が書いていません。

その真実を探すブログさんが リンクしている サーモンは年に3回しか食べちゃダメ!って記事の そのまた原典の論文によれば、『年に3回』の基準となっている数字は、体重70キロの人が 1食227グラム 70年間摂取を基準にしているようです。
(ちなみに 日本的な鮭の切り身 1枚は、80グラムです。)

体重を50キロの日本人基準に換算すると、1食150グラム強位でしょうか? 
150グラムを3回しか食べちゃダメだとすると、450グラム・・・東京都健康安全研究センターの 年間14キロとの違いは 一体何?って感じですよね。
実は 専門家も『本当の事』が解っていなかったりして。(笑)

東京都健康安全研究センターの方も 3回しか食べちゃダメって論文を書いた人も、専門で研究している方々でしょうし、ご自身の研究結果に基づいて論文を書いているのでしょうが、悲観論大好きな日本人にしては楽天的な私は あまり悲観的な数字に引っ張られないようにしています。 

どちらにせよ、真実を探すブログさんが引用している 論文 記事 は、10年以上前の物なので、最近は ダイオキシン濃度が下がっているって事に 光を見いだしたいですね。

yukialice - 2015年 12月 16日

もちろん、覚えてますよ!(笑)
貴重な読者様ですから。

ブログにリンクしたのは、読者様が日本人という前提で、日本語のサイトを紹介しましたが、これはノルウェーの問題ですので、真実を知るためには英語で検索されて情報を集められることをお勧めします。
日本国内の問題でしたら、日本語で十分ですが、海外の情報は日本語だけだと限りがありますから。

contaminated salmon Norway
safe salmon Norway

などの、検索ワードで十分かと思います。

最初にデマのダイオキシン数値を発表した人は、もしかしたらこの問題に注目して欲しかったからではないか、とも思います。

私はサーモン大好きなので、これからもたくさん食べますよ。(笑)
それから私もこの問題についてもう少し調べていきたいと思います。

貴重なコメント、ありがとうございました。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。