jump to navigation

DNA鑑定、やる? 2016年 3月 4日

Posted by yukialice in つぶやき, ブローニャ, ロミー.
trackback

昨日の3月3日は、日本ではひな祭り、そして我が家的には主人の母の誕生日。

と言うことで、主人がお祝いコールをハハにしたところ・・・

「実はね、あんたの死んだお父さんと結婚する前に、5カ月くらい付き合ってた人がたのよ」

と、すんごい昔話を始めたと思って聞いていたら、こう続けたそう。

「でね、その人が、あんたの本当のお父さんなの」

と、突如の衝撃の告白!

「ほら、あんたとお父さん、全然似てなかったでしょ?」

確かに、主人はハハには似てるけど、義父には全く似てない。。

つか、なんで今なわけ?

打ち明けるタイミング、普通は、義父が亡くなった時じゃね?(笑)

もう10年以上も前のことですよ。

メルク(ウィーンから100キロほど離れた田舎)に住んでいた本当のお父さんだと思っていた人が、不慮の事故で亡くなったのは。。

主人の両親は主人が幼少の頃に離婚して、ハハが主人を引き取ったので、主人と義父は殆ど疎遠になり、主人が成人して日本に渡ってからも、一度も音沙汰がなかったのですが、私たちのウィーン移住を機に、主人が自ら義父に連絡を取り、一度だけ家族揃って食事をしたのでした。

そしてその数ヶ月後、メルクに住む叔父から義父がクリスマスの朝に亡くなったと電話があり、しかも屍体が発見された状況から事件性が強く、目下警察が捜査中であり、唯一の息子である主人に話を聞きたいので、すぐにでもメルクの警察に赴くようにと告げられたのでした。

その翌日、近所の友達に子供たちを預け、私と主人はメルクの警察を訪ね、参考人扱いで事情を訊かれたのですが、主人と義父には親子としての付き合いがなかったので、訊かれて答えたことは、操作の助けになるものは何もなく、雑談程度で終わったのでした。

狭い部屋で、尋問する人とその少し後ろで、会話を記録する人のタイプライターのカチャカチャと言う音が、今でも耳に残っています。

まぁ、とんでもない田舎なので、警察の操作結果が出る前から、義父が殺されたという噂がたちまち広がったのですが、田舎ゆえ、操作にかける予算も操作能力もなかったらしく、ただの不慮の事故として扱われ、操作もあっという間に終了しました。

で、検死で分かったことは、義父の心臓の大きさが普通の人の4倍もあったということ。。

顔は似てないけど、そんなところだけ遺伝してないといいけど、と思ったのを覚えています。

その後、葬儀を済ませ、今まで殆ど付き合いがなかった義父の親戚とも、自然と連絡を取るようになり、特に叔父家族とは何度か食事をし、主人と従兄弟にあたるエディは我が家にも遊びに来たりして、Facebookでも友達なのですよ。(笑)

そう、ずっと本当の父親だと思っていた義父も、親戚だと思っていたこの人たちも、全くの他人だったというわけ。。

もちろん、母の悪い冗談ではありません。

母は厳格で意地悪だった父親と一緒に住むのが嫌で、とにかく誰でもいいから結婚して家を出たかったそう。

当時16歳だった母は、妊娠すれば結婚も許してもらえるだろうと思い、当時付き合っていた人がいたのに、義父に結婚を申し込まれたので、特に好きでもなかったのに勢いで結婚したそうなのです。

だからすぐに離婚したんですね。。

で、私が気になったのは本当のお父さんの名前(ファーストネーム)。

だって、主人の名前は代々父から子へと受け継がれていた名前なので、もしハハと本当のお父さんが結婚していたら、主人がその人の名前を受け継いだかもしれないので、知りたくなったのです。

主人も私と全く同じことを考えていたらしく、ハハに訊くと・・・

「ハインツ」と答えたそう。

私思わず言っちゃいましたわ。

「あんたもしかして、ケチャップやったん!」(笑)

こんな衝撃的なことをハハから聞かされた主人ですが、もう半世紀近くも昔のことだし、笑うしかないよ、と言っております。

もしもできることなら、ハインツさんに会ってみたい。

だって、主人の父であり、子供たちのおじいちゃんでもあるのですから。

なぜかハハも彼に会いたいらしく、できる限り調べるそうですので、ハインツ探しの旅が始まりそうです。(笑)

いつの日か、ブログで紹介できたらいいなぁ。

そうそう、昨日主人に電話でこの告白をしたハハが電話を切る前に、ハインツとハインツの弟がハハを取り合っていたという、余計な情報も付け加えてくれたそう。

ほんと、そんなんいらんから。(笑)

ま、アリーチェのおばあちゃんですから、若い頃はそれはそれはキレイだったのは、写真で見て知ってますけどね。

つか、葬儀の時に使われた義父の写真、暖炉の上に飾ってるんですけど、これはどうしましょ?(笑)

かなり前にドイツのテレビ番組でやっていたのですが、妻が浮気してできた子供を夫に隠してお互いの子供として育てていることって、すっごく多いんですって。

私の記憶が正しければ、4人に一人くらいの割合。(爆)

でも、こっちの人は一緒に住めば家族という意識が強いので、自分に似てないな?と思っても、DNA鑑定とか、絶対にしませんね。

血は水よりも薄いらしい。(笑)

ハインツさん、生きてらしたら70歳くらい。

やっぱり会いたい!(笑)

今日の〆は、ブロちゃん。

8773

このキャプション以外、思いつきませんでしたわ。

久々のヨーロピアンネタ、楽しんで頂けましたら、クリックプリーズ!

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆

勝手ながら、コメントのレスはお休みをいただいております。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。