jump to navigation

ロンドン8日目(最終日) 2016年 6月 10日

Posted by yukialice in あとう, アリーチェ, バカンス, ブローニャ, ロミー.
4 comments

さて今日は、ロンドン旅行記、最終日をご覧下さい。

この日も好天に恵まれました!お天気いいけど、ヨーロッパ最大のモール、ウェストフィールドに行ってきましたよ〜。

9116

と言っても、買い物したのはアリだけ。

旅行中、何にも買わなかった息子がちょっと不憫だったので、お財布を買ってあげました。

それまで使ってたの、にゃんと小学生からのものだったんですよ。(笑)

そして、帰りの機内。

9117

コックピットに侵入した息子、捕まらないかしら?

9118

なーんてね。(笑)

ここはエミレーツエアラインケーブルカー乗り場にある、エクスペリエンスと言う、ケーブルカーに乗る前の時間つぶしにみたいな感じで遊べるイベントスポット。ここで30分ほど過ごして、ケーブルカーに乗り込みました。

9119

車内からは、テムズ川やオリンピックスタジアムなどが見渡せます。

9120

テムズ川には小さなビーチがあるんです。

9121

水は汚いと思うのだけど、泳いでる人もたくさんいましたよ。

こちらはロンドン出発前に訪れたヴァッハウ。

9122

実は、2年前にこのロンドン旅行をご一緒したおばさまが、今年の2月に乳がん再発のため急逝されました。

享年72歳。

ですので、この画像は70歳の時のもの。

とても70代とは思えないくらい、若々しいですよね。

おじさまから電話で教えて下さったのですが、おばさまが亡くなる前に、担当医が「一番の思い出は、何ですか?」と尋ねられたところ、「2年前に行った、ロンドンとウィーンの旅です」と答えられたそうです。

そう思って頂けて、心底光栄であり、我が家にとっても、決して忘れられない旅となりました。

息子が生まれた年に、おじさまとおばさまと知り合ったので、21年もの間、家族同然のお付き合いをさせて頂きました。

天国からいつもの素敵な笑顔で、我が家を見守ってくださっていると思います。

ブロちゃんのお母さんも、数日前に15歳で他界されました。

9123

生があって、死が訪れるという、至極単純な現象の中で、

人は喜びと悲しみを繰り返し、残されたものは先に進む。

それが人生。

人生って、あっけないですね、おばさま。

「ぼーっとしてちゃダメよ、しっかり生きなさい、ゆきさん!」

と、天国からおばさまの声が聞こえてきそう。

悲しいご報告で、しんみりしてしまいましたが、おばさまから叱られないよう、

一日一日を大切に、生きていこうと思います。

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆