jump to navigation

アレルギーに効くサプリ 2017年 1月 13日

Posted by yukialice in あとう, ブローニャ, 美容・健康・ダイエット, 頂き物.
trackback

今日最初にご覧頂きますのは、成城のKさんからの頂きもの。

9751

左がお煎餅の詰め合わせで、右はミルフィーユ。

アリに「ミルフィーユってなに?」って訊かれたんですけど、そう言えばウィーンでは食べたことがないような??

どちらもそれはそれは美味しゅうございました。

Kさん、ダンケです〜。

こちらは主人がフランス経由で日本からウィーンに戻った時に買ってきてくれた、フォションのマカロン。

9752

今まで食べたマカロンの中で一番美味しかった。

マカロンも作ろうと思えば作れるだろうだけど、面倒臭そうで、作る気にならない。(笑)

安くて美味しいマカロン、ウィーンには売ってないだろうなぁ。

「ブラック・ミラー」、ダウントンを見終えてから続きを見るはずだったのに、アリが見てたんで、またまたつられて見てしまいました。

したらば、今回はダウントンのシビルが出てた!!

9753

近未来の話で、キーワードは「コントロール」。

コントロールする側とされる側の駆け引きもあるのだけど、結局は長いものに巻かれてしまう、というオチ。

1話同様、メッセージ力が強いので、見た後は色々考えさせられてしまいます。

ダウントンの様に、万人受けするドラマではないけど、一見の価値はあるかと。。

ここ最近、夕方になると身体中に蕁麻疹ができる様になったんです。

ネットで色々調べて、心当たりがあったのは、寒暖差によるもの。

寒ーい外から帰って、暖かい室内で急に体が温まると蕁麻疹が出るそう。

こんなアレルギーもあったなんて、知りませんでした。

もちろんアレルギーテストをやったわけではないので、確定はできませんが(って、寒暖差によるものだったら、テストにも反応しませんよね)、食べ物ではないことには自信があるので、一番一般的なハウスダストを疑って調べたら、ハウスダストアレルギーの場合、鼻炎の症状が強いそうなので、寒暖差によるものなのかな?と。。

もしくはストレスもあるそうです。

何れにしても、蕁麻疹が続く様で病院に行けば、抗ヒスタミン薬を投与されると思うのですが、なるべくケミカルなものは避けたいので、サプリを検索したら、イラクサがヒットしました!

イラクサは漢字で書くと、「蕁麻」!!(変換してみて)

そう、蕁麻疹の由来となった草なんです。

これに触ると蕁麻疹ができることから、そう呼ばれる様になったそうですよ。

蕁麻疹は英語だとhivesとかnettle rashと呼ばれ、nettleがイラクサの英語名。

つーことは、毒は毒を持って制す、と言うことですかね。

このイラクサについてのサイトを見つけましたので、転載しますね。

イラクサの作用(効果効能)の本質は、体の中の老廃物(酸化物や尿酸などの代謝産物)の排泄を促進することで、血液を浄化し、アレルギー性鼻炎や花粉症、アトピー性皮膚炎といったアレルギー性疾患や痛風といった代謝性疾患を予防することにあります。

イラクサには豊富な鉄分に加えて、ビタミンCが含まれているため鉄の吸収が高まります。また、フラボノイド類(クエルセチンなどのフラボノイドや、ルチンなどのフラボノイド配糖体)も豊富に含まれており、鉄イオンをキレート化して可溶化するため、吸収が高まると考えられています。

イラクサに含まれる成分のコンビネーションによる鉄の高い吸収率は、造血に寄与しています(貧血の方に最適です)。

ケガの回復促進や関節炎、痛風、リウマチの改善にも効果が期待できます。

ハーブなので即効性は期待できませんが、副作用がないので、安心して続けられそうです。

と言うことで、アマゾンでポチって、明日届くことになってまーす。

主人も酷いアレルギー性鼻炎持ちなので、一緒に飲んでみますね。

以前ブロちゃんのハゲについて書いたかと思いますが、病院に行って診てもらったら、にゃんと診断結果は「ストレスによるもの」。

9754

特に環境の変化はないはずなのに、どうしたんだろう。。

食欲も旺盛だし、良く寝てらっしゃるし、ハゲている以外、全く普段と変わらないんです。

二週間ほど様子を見て、また病院に行くことになっています。

早く良くなって欲しいなぁ。

では皆々様も、良い週末を♪
Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆

広告

コメント»

1. りんご - 2017年 1月 14日

ゆきさん、蕁麻疹ですか。
蕁麻疹って原因が多岐にわたるので特定するのが非常に困難と、病院の先生に言われました。
私は子供のころから蕁麻疹持ちで、よくお尻に注射されてました。
そのころの病院って、風邪でも何でも注射で済ませてましたね。

大人になってからは殆ど出てなかったんですが、更年期に入り女性ホルモンの支えが無くなってきたからか、再度蕁麻疹に悩まされるようになりましてね。。。
ここ数年もう慢性の蕁麻疹ですよ。
ネットでは色白ぽっちゃりさんがなりやすいと。

ストレスでもなると言われると、何か予防しようが無いですよ、全く。
薬のお蔭で良くはなりましたが、やはり薬がないと蕁麻疹特有のブツブツは出はしないもののムズムズしてきます。
ただ薬はとても少量で、1日2錠まで飲んでいいものが、半分で2日間効果があります。

これからスギ花粉も飛んでくるし、イネ科の花粉アレルギーもあるし。。。
でも、蕁麻疹に効くサプリってあるんですね。
私も見てみます。
いつも為になる情報有難うございます。

yukialice - 2017年 1月 14日

りんごさ〜ん!
りんごさんは紫外線アレルギーだとは存じておりましたが、もともと蕁麻疹持ちだったんですね。
本当に子供の頃は病院行くと注射打たれてました。(笑)
今朝、サプリが届いたので続けてみますね。
りんごさんにも効くといいな〜。

りんご - 2017年 1月 14日

注文してみました。
ア〇ゾンはお高いのしかなくて諦めたんですが、これだったら大丈夫。
とりあえず2個注文しました。
これを飲んで、病院の薬はだんだん間隔開けて少しずつ終わりにしていこうかと。
情報ありがとうございます!

yukialice - 2017年 1月 14日

続けるためには、高くないものじゃないとですよねー。
お互い口コミにあった様に、効くといいですね!

2. こたろー - 2017年 1月 14日

はじめまして。陰ながらブログを拝見しています。以前私も夜に体がむず痒くなる日が続き、くしゃみも出るようになりました。私の場合はキシリトールだったようです。血液検査をしたわけではないのですが、考えてみるとキシリトール入りの歯磨き粉を使った後やガムを食べたときに症状が出たので、使用を止めたら症状はなくなりました。私は出産してから体がかなり過敏になってしまったようです。ゆきさんは一時的なものだといいですね。お大事になさってください。

yukialice - 2017年 1月 14日

こたろーさん!
初コメ&お心遣い、ありがとうございます。
キシリトールが蕁麻疹の原因だったなんて、意外ですね。初めて聞きました。
今のところ夕方だけできるので、仕事には差し支えないのですが、
痒くて眠れなくなったりしても辛いですよね。
今朝サプリが届いたので、効くことを願って続けてみます!

3. 文 - 2017年 1月 14日

私も去年からストレスで蕁麻疹になって、年末からネトルとケルセチンのサプリ飲んでます〜。
花粉症にも効くみたいなので、とりあえず花粉の季節終わるまで飲んでみようと思ってます。効きますように!

yukialice - 2017年 1月 14日

文ちゃんも、蕁麻疹できてたの〜?
ストレスだったら、コントロールのしようがないよね。。
ネトル、今朝届いたから続けてみるね!
お互い、効きます様に♪


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。