jump to navigation

馬刺し! 2019年 4月 26日

Posted by yukialice in アリーチェ, ブローニャ, ロミー, ワイン, .
trackback

ロンドン旅行もご一緒した知り合いのおじさんの家に、定期的に家事を少しだけお手伝いに行くようなりました。

行くときは当日の午前中に電話して、おじさんが家に居るようだったら、寄らせてもらってます。

前もって、いついつに行くと決めちゃうと、色々気を使われそうなので、その日突然とかがいいかな、と思いまして。

で、今朝、電話したら居ると言うので、家事をテキパキとテキトーに済ませ、寄らせてもらうと・・・

11191

「まぁ、ゆきさん、せっかくだから、飲みなよ」と、ドイツのリースリングを出してくれました。(笑)

馬刺しも最近買って、冷凍してたやつを、私が来るからと解凍して待っててくれてた。。

3年前におばさまが乳がんで亡くなられて以来、一軒家で一人で暮らしているおじさんが心配なので、時々寄らせてもらってます。

もうすぐ79歳になられるけど、足腰もしっかりしてらっしゃって、健康そのもの。

来月末にはやっと、自分の実家にもアリと二人で帰ることになりました。

ちょっと前に、桃色(癒し効果があるそうです)のフリースの上でばかりこのふたりが寝る、と記事にしましたが、まだ続いています。隣に敷いてるエンジのフリースの上で座ったり、毛づくろいしたりすることがあっても、横になって寝るのは桃色のフリースだけ。不思議だなぁ。

11192

合皮のソファなので、乾拭きする度に、フリースも場所替えしてるんですけどね。

ベルンにある監獄では、囚人の攻撃性を和らげる効果があるとして、ピンク色の独房が使われているそうです。桃色は血圧を下げたり、精神を安定させる効果もあると実証されているんですって。

ま、ショッキングピンクだと血圧が高くなりそうだけど(笑)、桜色とか桃色の類のピンクだと、グレーの独房よりは気持ちが落ち着きそう。入る予定はないけどね。(笑)

前も書きましたが、人間も動物も、肌で色を認識できる力があるなんて、すごいですよね。

眼は紫外線や赤外線を色として感じ取ることができないけど、皮膚はそれができるんですって。だから日焼けしたり、陽射しの暖かさを感じ取ることができるとか。しかも、感じ取る色は視覚からよりずっと幅が広いので、皮膚の方が色認識の能力としては視覚より優れているそうです。

と言うことは、盲目の人は、目が見える人より肌からの色認識能力が高いと言うことなのかな。

今日のアリはこちら。

11193

昨日はすごく蒸し暑いと思ったら、今日は一転、肌寒いですね。明日はもっと冷え込むとか。皆様も、ゴールデンウィークを台無しにしないよう、体調にはお気をつけて!!

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆

Ninki

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。