jump to navigation

一服一銭 2020年 7月 6日

Posted by yukialice in アリーチェ.
trackback

今日はアリがオフだったので、一日中アリが淹れてくれたお茶を飲んで過ごしました。

アリが3週間後に控える日本茶の検定試験の勉強に勤しんでいた最中・・・

「お茶の成分とかは覚えるの簡単だけど、歴史が全然頭に入らないよー。歴史が苦手なとこだけ、ママに似ちゃった」

ですって。確かに歴史の時間は、他の教科より長く寝てたけど。(笑)

日本人だったら誰しもが知っている千利休だって、お茶の勉強を始めて初めて知ったんだもんねー。仕方ない。

利休が秀吉に嫌われて切腹したのは有名な話ですが、利休の首を持ち帰るよう命じられた秀吉の使いに最後の茶をたてた話や、「一服一銭」の意味(室町時代、路傍で煎茶 を一服を銭1文で飲ませたこと。また、その商人)をアリに教わる日がくるとは、、。

 

11542

今日もブログを読んで下さって、ありがとうございます。

皆様にとって、良い一週間となりますように。

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。