jump to navigation

今年も、ありがとうございました! 2016年 12月 31日

Posted by yukialice in あいさつ, ブローニャ, ロミー, Uncategorized.
add a comment

2016年も、あと6時間ほどで過ぎ去ろうとしていますが、今年の大晦日は、初めて主人と二人だけで年を越すことになります。

子供達は、カウントダウンパーチーにお呼ばれ。

出かける前に、年越し蕎麦だけは、しっかり食べてましたけどね。(笑)

日本人なので、家族揃って新しい年を迎えたかったなぁ。

今年もたくさんの読者様に、支えられた1年でした。

9731

来年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

メルクでばったり 2014年 7月 16日

Posted by yukialice in あいさつ, アリーチェ, オーストリア, 旅行.
add a comment

昨日は日本からのお客様と一緒に、メルク修道院に行ってきました。

修道院を見学して、帰ろうとしたところ、「ゆきさ〜ん」と呼ぶ声が聞こえる方を見ると、声の主はこちらの893さん

6259

ガイドさんなんで、ウィーン市内でもたまに偶然会うことがあるんだけど、まさかウィーンから百キロ離れたメルクで会うとは。。。

30度を越す猛暑の中、青山のスーツでお仕事、誠にご苦労さん。

アルマーニのスーツじゃないでしょ?(笑)

おじさま&おばさまも「ガイドさんには見えなかったわ〜」ですって。(爆)

メルクからクレムスまでは、世界遺産のヴァッハウ渓谷をクルージング!!

6260

私たちが乗船したら、太陽が雲に隠れてくれたので、快適な船の旅を満喫できました。

6261

おじさま、先日74歳になられたばかり。

お二人とも健脚で、昨日は3キロほど暑い中、一緒に歩きました。

見た目も若々しいでしょ。

いよいよ明日は、ロンドン!!

主人もやっと私たちのバカンスに合流。

にゃんずは去年同様、義母がみてくれます。

次回のブログ更新は、ロンドンからかな?(笑)

コンピュータ忘れなかったら、更新します!

893さんとの偶然の出会いに、なぜか大喜びした息子に、クリックプリーズ!

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆

手術、終わりました。 2014年 4月 29日

Posted by yukialice in あいさつ.
6 comments

息子のオペが滞りなく終わりました事を、お知らせします。

朝7時に病院に入り、麻酔から目が覚めた息子の顔を見て、病院を後にしたのが夜の7時。

長い長い、とても長い一日でした。

これまで息子の事を気にかけて下さった皆様、私の体調まで気遣って下さった皆様、心よりお礼を申し上げます。

ゆき

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆

オペ日、変更。 2014年 4月 15日

Posted by yukialice in あいさつ.
2 comments

今日、猫カフェの帰りに病院に寄り、息子の病室に入るや否や・・

「オペ、明日になった」

「え〜〜〜っ、聞いてないよ!」

「明日の何時?」

「昼くらい」

息子じゃ、イマイチ要を得ないので、ナースステーションに行き、看護師のベネディクト(実名)に・・

「ねえ、息子のオペ、明後日の予定だったのに、明日になったって本当?」

「そうなのよね〜、執刀医のスケジュールが変わっちゃって、息子ちゃんのオペ明日になったのよ。時間ははっきりしないんだけどぉ」

「え〜、主人明日の午後に帰ってくから、オペに間に合わないわ〜」

「仕方ないわね。。」

「オペの前に、書類にサインしなきゃいけないじゃない?あんな難しいドイツ語、私じゃ分からないし」

ベネちゃん、うんうんとうなづきながら・・・

「えっと、息子ちゃんっていくつだっけ?」

「19だけど」(オーストリアでは18歳から成人)

「だったら、自分で読んで、自分でサインするはずよ」

「そっか、分かった。で、私は何時に病院に来てたら良いのかしら?」

「そうね〜、オペがお昼としたら、9時、10時、11時でもいっかな」

ずいぶん、幅が広いな〜、と思いつつ・・

「ありがとう」

「どういたしましてぇ〜」

そして病室に戻ると・・・

「明日の朝、オペがあるところに連れて行かれるから、この部屋にはいないって、ドクターが言ってた」

「それどこか、分かる?」

首を横に振る息子。。

仕方なく、またナースステーションに戻り・・・

「明日、息子のオペ、どこであるのかしら?私、朝直接そこに行った方が良いのよね?」

「オペは緑の病棟の21階よ。メモしてあげるわ〜。はいどうぞ」

ベネちゃんに再度礼を言い、病室に戻ると、息子の友達が見舞いに来ていて、私には滅多に見せない笑顔でおしゃべりしてました。

オペの前日に、来てくれてよかった。

私もそろそろ帰ろうとした時、同室のスロベニア人のじっちゃんの親戚のおっさんが・・・

「君はまだ若いから、大丈夫だ!頑張るんだぞ!絶対に良くなるからな」と、初対面の息子に、力強い声で激励のことばを投げかけてくれ、照れくさそうに笑いながらうなづく息子を見たら、なんだかすごーく嬉しくなりましたわ。

つーことで、主人不在のまま、オペが執り行われる事に相成りました。

そうそう、お気づきの通り、看護師のベネちゃんはオカマちゃんです。(笑)

明日のオペの成功を祈りつつ、早めに寝ます〜。

Ninki

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ

本日もご来訪、感謝感激なのです。♪v(*’-^*)^☆